FC2ブログ

みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 フェネック プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
BLOGTOP » CATEGORY … 歩夢 下半身麻痺

歩夢 下半身麻痺治療 通院記録 1

いつか4本足で歩けるように そんな日を夢見て

歩夢(あゆむ)

推定誕生日 4月1日


5月の末に我が家に来た時には
両後肢としっぽはプラップラでただついているだけ


排泄機能も完全になくなり
圧迫での排泄でしたが

仔ネコだから膀胱が小さいためなのか
おしっことおしっこの間隔が短過ぎで
チョロチョロ出てしまうので
おむつもすることにしました


排便は腸から押し出すようにして簡単にできるのですが
肛門の括約筋が全く活躍しておらず
肛門も締まっている感がなく色も血色の悪い蝋細工のような白さで
お尻の穴の筋もまったくない穴の状態でした


さらに先天性の腎性膀胱炎の疑いも持っていました

まずは急を要する膀胱炎の治療をし
麻痺の方は後にしていましたが

だんだん日を追うごとに関節が固くなり
足の向きが後にダランというのではなく
おしりの上に背負っている感じで固まってきて

膀胱炎以外の治療は西洋医学(投薬)の治療での回復の望みは薄いと判断し
健太郎の時にネッシンでお世話になった病院に相談に行きました




東洋医学研究所永山アニマルクリニック

現在は月曜と金曜日が診療日となっております




先生は優しい女医さんで
じっくり時間をかけて足の状態を診てくれ
痛みを感じるかを診た上で左足は感覚もなくなっている
右足はなんとかなる可能性がある

仔ネコなので今後のいろいろな可能性は捨てきれない
と要約するとそのような話でした


IMG_9766_20180706190812d89.jpg


死の淵から戻ってきてくれた寿音(ことね)
下半身麻痺を克服し歩けるようになった健太郎

どのコも希望を捨てなかったからこその
今の姿と思います


もしも これが歩けるようになるチャンスだったら
そのチャンスを無駄にしたくない

仔ネコだからこその治癒力にかけたい!!

歩けなくても歩夢は元気いっぱいだし
ものすご~くハンサムだし
とっても甘えん坊で
マイナス要因何一つないけれど

歩けるようになったらもっと自由になれる!!


歩けるように夢見ているのは歩夢ではなく ワタシの夢なのです
だからできる限り応援したい




週2回のネッシン治療に通うことにしました

ここからは治療の記録 (物忘れのひどいワタシのために・・・)




6月22日 1回目


3ヶ月になる子猫を台の上に
ずっとじっとさせておくのが難しいことは
ネコ飼いさんならすぐに想像できると思います

ネッシンは熱鍼 刺さない鍼治療です
こちらの先生 刺す鍼もされているとの事で
どちらが歩夢の状態に向いているか聞いたところ
動くのでネッシンの方がいいとの事

1回目でそれを痛感しました

タオルをたぐり寄せる
鍼の動きを追いかける
一時もじっとしていないので
ティッシュ丸めて気を引いたり
しかしそんなのすぐ飽きちゃう

でも先生さすが!!


IMG_9829_20180706192253a88.jpg


歩夢の気をそらしながらうま~く マッサージもしてくれます


IMG_9828_20180706190816fa7.jpg


*持っているボールペンみたいなものがネッシンです


1回目
マッサージをしてくれたおかげなのか固まってしまった足首が
少し緩みました

(次の治療までにまた戻って固くなりました)




6月25日 2回目


少しだけ おとなしくできる時間が増えましたが
相変わらず騙し騙しの治療


IMG_9888_201807061908109f5.jpg


この日治療終了後 他の仔ネコ達のワクチンをお願いしていたので
一緒に遊ばせている様子を見てもらっていたのですが
人間でいう膝の骨をついてぴょんぴょん跳ねていました

猫がよくおもちゃを取るときにするぴょんと跳ねて前足で
モノを捕まえる狩の模擬動作です

これを膝で跳ねるのでよく見ると
膝の毛は擦り減ってアザができていました(TдT)

跳ねない時にはおしりをこすって超~スピードで移動するので
その際に肛門が擦れて赤くなっている? と思って見ていたのですが
実は治療の後血行が良くなって赤くなっていたようです




6月29日 3回目


この日は暑い日で 小さい布キャリーバッグで行っていたので
中で歩夢のぼせてました(ごめん!!)

ついてからもちょっとぐったり


IMG_9885_201807061908082e9.jpg


ちなみに前日もあまり元気なかったので
それプラスのぼせで余計ぐったりだったかも


IMG_9887_20180706190810164.jpg


おとなしかったので治療もやりやすかったと思いますが

途中から爆睡


IMG_9890_20180706190818a2a.jpg


そりゃもう気持ちよさそうに

3回目のこの日から 陰部に触ったりしているわけでもないのに
おしっこが飛び出すようになりました

自分でちょっと後ろ足に力を入れたりすると
出ちゃうようです

それから最初に診てもらった時に全く動かなかった左足が
治療の時に細かく震えるようになりました

また帰宅後からしっぽが動くようになりました
動くようになってしっぽの存在を再認識したのか
くるくるとおしりを軸にして(おむつなので滑ります)
ずっとしっぽを追いかけて遊んでいました

今までしっぽの存在はないことになっていたようです

ただ排泄の時にしっぽをふるようになってちょっと邪魔(ーー;)




7月2日 4回目


この日は前回のようにのぼせたりしていたわけではないのですが
おとなしかった (◎_◎)


IMG_9913_20180706190819844.jpg


先生と二人たまに大丈夫ですよねぇ?? って言いながらの治療でした

マッサージ中もウトウトと気持ち良さげでした


IMG_9915_201807061908218b8.jpg


左足の震えがさらに大きくなってきて
なんと感覚が少し戻ってきていました

しっぽも治療中ピクピクと動いて
先生と二人感動していました(T▽T;)




7月3~5日


ホテルと検査を兼ねて 入院していました
心配だった糖尿の方は全く問題がなく
一過性のものだったのであろうとのことでした

良かった~ C=(^◇^ ;




7月6日 5回目


雨で移動中涼しかったせいか
全開バリバリ 元気炸裂


IMG_0081_20180706190824ac5.jpg


トゲのような小さな歯で噛みまくり
ワタシも先生も襲われっぱなし

コラなんて言っても聞いちゃいないし
理解する気もないし(TдT)

最後の最後 治療も終わりの方で爆睡


IMG_0083.jpg


寝る気だったんなら早く寝ろよっ(ー'`ー;)


そういえば お尻の穴が赤くなってたことがあって
床で擦ったせい?とも思っていましたが
真っ白だったお尻の穴付近ちゃんと血流が良くなって
ピンク色になってきました

そしてうん○の時(圧迫して出しているのですが)
最後にちゃんとお尻の穴を絞って切るような動きが!!

最初の頃は出た後ホールのように穴が開きっぱなしだったのが
ちゃんとキュッと閉まります

感動もんです

またこれも最初の頃は体温調節がうまくできず
特に前足と後ろ足の体温差も大きく
いつも氷のように冷たい後ろ足でしたが
最近は少し気温が下がっている日でも
足が冷たくなることはなく4本の足の肉球が
それぞれ血の気があってフカフカで柔らかい状態

(冷たい時は肉球は固かった)

一番の望みは足を引きずらずに歩けるようになることですが
血流の改善 肛門の筋力の回復なども生きていくためには
改善されてほしかった重要なことですのでうれしい進展です




体重も我が家に来たときは600g未満でしたが
今日は1キロになっていました


6月22日
IMG_9825_20180706190813330.jpg


7月6日
IMG_0080_201807061908224ba.jpg


写真で見てもこんなにお兄ちゃんになりました

しばらく 熱心治療に励みたいと思います

赤い糸は引き続き探しております


P7064998.jpg


そして応援団も(*^▽^*)

まずはポチッと応援を



にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村



も一つクリック~




ペット(猫)
ブログランキングへ


















スポンサーサイト