FC2ブログ

みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 フェネック プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

01月≪ 02月/12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年02月

看護

時計とキツネ

古時計とフェネックの美音(ミオ)


IMG_9907.jpg


どちらも絵になります


IMG_9909_20130207150204.jpg


時計が何故ソファーに座っているかは別として・・・(^^ゞ





怯える子ネコ


目にしたとたん固まる


IMG_9922_20130207150205.jpg


追い詰められる


IMG_9924.jpg


仔ネコ達に襲いかかる最大の恐怖


IMG_9926.jpg


マメルリハのピースです


IMG_9927.jpg


らんまるに逃げられたので


IMG_9929.jpg


紅音(べにお)のそばに行ったけれど


IMG_9931.jpg


やっぱり逃げられて


IMG_9934.jpg


必死について行きます
(ピースはネコが大好き)


IMG_9938.jpg


逃げる方も必死 (^_^;


保護ネコ預かりのコ達はこのサイズで 
立派にトリを捕獲しようとしましたし
トリの羽や獣毛のおもちゃは
咥えたらうなり声を上げて離そうとしませんでした

今回の我が家のちびちびーずは
温厚な両親の良いとこ取りで かなり穏和な仔ネコ達

パパはスコティッシュです
(立ち耳なので耳が折れることはほぼありません)

我が家で新しいネコを迎えようと思う時に
ネックは トリです

保護ネコ達は 3ヶ月過ぎると 
鳥かごの外からカゴにかじりついてゆすぶった挙げ句
鳥かごごと落とす

など当たり前のようにしていて

ネコってこういうモンなんだ・・・と
おとなしいネコばかりの我が家において
ある意味カルチャーショックでした

我が家で飼うネコは トリを襲わないが大前提です

今回のパパのチョイスに間違いはなかったとホッとしました




看病


IMG_9944.jpg


ちょっと気を許したら再発

すうちゃんは病気だからと
ぬるいスープをあげてブランケットでくるんだら
数分前まで走っていたのに すっかり病ネコの気分になった


IMG_9946_20130207150433.jpg


今にも倒れますって顔

まあいい おとなしくしていた方が治りも早いです

そこに
ちびちびーずにふられたピースが


IMG_9947_20130207150434.jpg


お見舞い


IMG_9948_20130207150436.jpg


そしてご機嫌♪
看病?
いえいえ自分が潜って寝たいだけ


IMG_9949.jpg


でもまんざらでもなさそうなので
仲良くおとなしく寝ていてくださいな


小鳥って なかなかケージの外で
気を許して寝ることはありません

手乗りだったら 手の中とか
洋服の中に入り込んで寝たりしますけど

人間よりネコの方が好きなピースは
ワタシに抱かれて寝ることはない(T^T)


IMG_9954_20130207150710.jpg


目を閉じ眠るピース
ピースに信頼されている寿々音に
ちょっとやきもちを焼くワタシ (^_^;




心結(みゆう)


我が家に来た時の心結 → 記事はこちらをクリック


まさかこんなに美しいネコ姫になっているとは


miyu.jpg
(里親H様撮影)


愛が全てを変える・・・のキャッチフレーズで
CMに出られそうです

飼い主さんのお母様が急逝されたそうです
慌ただしい中 心結は手がかかることのないネコだったと


失ったお母様のかわりにはとうていならないでしょうが
それでも手に感じるネコの柔らかな手触りや
幸せそうな寝顔を見て癒やされる時があるのなら・・・

それが心結の役割だったのかもしれません

お風呂もクリア・・・を読んだ時に
ほっと一安心しました

これからもよろしくお願いいたします




後悔せずに


我が家から養子に行ったMOWちゃんが
先日急死したとの連絡が入りました

朝の電話で 頭の働いていないワタシと
あまりの突然なことにパニックになっておられた飼い主さん

電話を切ったあとにも呆然としてしまって
何も手につかずにいました

また全盲で FIPと戦っていたルートも
天国へと旅立ちました

保護主さんからのメールに悲しいけれど
痛みや辛さから解放されてよかったと思うとありました

病気のコを亡くすとここにいない辛さと
相反するこれで楽になれたと思う気持ちがあります

どんな飼い方をしていても
どんな亡くしかたをしても
これでよかった これが正解だったと思えることは
少ないのではないでしょうか

飼い方にこれが一番正しい・・・なんて答えはないと思うし
最期をどう看取るかも正解はないと思います


ただ突然死は辛い 
こんなだったら 
もっとしてあげることがあったのにとか
あれもこれも食べさせてあげればよかったとか
後悔することばかり


後悔しないですむ生き方って難しいけれど
せめて最期を迎えた瞬間にする後悔を
ひとつでも減らせるように

しっぽたちと暮らしていきたいと思います




MOWちゃん ルートくん 
この2匹は きっとしあわせだった
そう思える飼い主さんであり 保護主さんでありました
今までありがとうございました 

MOWちゃん ルートくん 天国で安らかに
合掌


いろいろありましたが 
とりあえず ポチッとこちらを


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


出来ましたらこっちもポチ


ペット(猫) ブログランキングへ


スポンサーサイト