みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

病院DAY

預かりのネコくん1匹 具合が悪くて
週末日曜に友人にお願いしていたのですが間に合わず
急遽動物病院に

ブログデビューの前に病院デビュー(T^T)

広島から帰ってきた息子が車を出してくれたので
助かりました

免許とってからちょっと役に立つようになった息子


湯沢ちびちびーずももうすぐ1キロ
お腹も良くなったし ようやくワクチンが打てるようになり
ついでにエイズと白血病の検査も


26なつ2


おとなしく検査を待っていたなな


26なな2


でもその前に隣の診察室から
耳をつんざくようなネコの叫び声が聞こえてきて


26なな


もうドッキドキ


万が一どちらかでもプラスだったら
母の居住区にそのまま住まわせなくては・・・
とドキドキしながら・・・


26なつ


結果はどちらもマイナス
検便もクリア
ワクチンもOK


これで とうとう 
立派に我が家を卒業する理由ができてしまいました

(( ̄ー ̄#)  後はワタシが子離れするだけです




ちゃみは元気いっぱいなのでワクチンのみ


26ちゃみ4


診察室で待っている間待合室のワンコ見学


26ちゃみ3


診察台でもこの余裕

洋服はツルツルのスベスベでつかみ所がないので
とりあえず着せましたが
まったく嫌がらないので
きっと洋服OKのネコさんになりそうです

肝心の急病ネコで病院に行く羽目になったルーは
いろんなモノにまみれてしまって
写真どころじゃありませんでした(T^T)

今日はいつも2人体制の病院が
1人しか獣医師がいなくてめちゃ込み
3時間もかかってしまいました

でも
ワタシだけで患畜5匹もつれ込んでいるので
しょうがないかぁ~┓(ー_ー)┏トホホ


家に帰って
甘えっ子のベタベタ娘ちゃみ


26ちゃみ


ワタシのプルオーバーの中に入り込んでご機嫌
一緒にブログのチェック


26ちゃみ2


どなたか
この冬かわいいにゃんこあんかいりませんか?

めちゃくちゃ甘えん坊でちょっとおしゃべりな
にゃんこあんかですよ

今もPCの画面を見ていると
両足でワタシの顔をグッとはさんで
ちゃみを見て~って

うるさくて かわいくてたまりません






ペット(猫) ブログランキングへ


こちらもポチ!をよろしく 


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

福猫舎に行ってきました 4

病気のネコと向き合うひと


ワタシ ボランティアというモノをはじめたのは
震災後からで

保護ネコを預かって里親探しをしはじめて
まだ2年ぐらい

それ以前もうちにはネコが沢山いましたが
全て健康優良児で動物病院に行くのは
ワクチンの時ぐらい

それが1昨年末1匹の風邪っぴきの保護ネコから
我が家のネコのほぼ全員がネコ風邪の洗礼を受け
目玉がとびでるぐらいの医療費を経験しました

そんなもんですから
ネコのエイズ・白血病なんて
知識として知っているぐらいでした


だから発症して具合の悪いネコさんに会うのは
はっきり言ってはじめてでした


エイズ白血病のネコさんの部屋は
広くて ネコ達の為を考えた部屋でした


IMG_0047_20130926212402660.jpg


人で言う サナトリウムのような感じ


IMG_0041_201309262124004ca.jpg


ネコ達も決して状態がよいとは言えませんが


IMG_0064_20130926212439d7a.jpg


落ちついているようでした


IMG_0050.jpg


食べられるモノを好きなだけ
(と言っても沢山食べてくれるわけではない)


口内炎が酷いコとか はっきり言って口から悪臭が
でも
口がクサイでしょって言いながら
犬班Aさんは愛しそうにそばに来るコ達を抱き上げます


IMG_0052_20130926212411205.jpg


ここのネコ達は彼女の飼いネコではなく
彼女が自分で看取ることを前提に
彼の地から連れてきたコ達です

その場では普通に話す彼女につられていた為か
ワタシも普通だったのに

帰ってこの写真を見たら


IMG_0054.jpg


もう涙が止まらない

顔出しNGとのことでカットしていますが
見つめ合うひとりと1匹

信じて何も疑わないで彼女を見つめるネコ

何もしていないのに置いて行かれて
何も知らずに待ち続けて
ようやく会った人は待ち続けた飼い主ではなかったはずなのに

とっても穏やかな顔で信頼しきった瞳で人を見る

彼女たちのやっていることを悪あがきという人もいるし
病ネコを最後まで生かすことを無駄と決める人もいる

でも
そこに置いていけなかったという彼女

匂うでしょ・・・と言う部屋に最期を看取る為に
ずっと一緒にいることのできる彼女

偉いとか 尊敬するとか もちろんそうなんだけど
それ以上ワタシは彼女が大好きだと思います

人として大好きだから 応援したいというのが
ワタシの支援の気持ちです

同行のチョミさんのところにも


IMG_0060.jpg


甘えっ子が


IMG_0057_2013092621242208d.jpg


病気なんか自分ではわからないよね


IMG_0057-1.jpg


そこにいるのはただの甘えん坊のネコです

でも
普段は犬班Aさんには責任を持ってみなくてはいけない命が沢山
この部屋にずっといることはできません

毎日毎日心配で後ろ髪引かれながら
この部屋から出て行っているのでしょう

やっぱり犬班Aさん (もちろんまるちゃんも)
アナタ達はネコの味方で スーパーウーマンです



にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こちらもポチっっとm(__)m



ペット(猫) ブログランキングへ



福猫舎の様子 ワタシ以外の目線でも → ブログ 僕クリちゃん ココをクリック