みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年11月

忘れ形見

友人の忘れ形見 音々丸(ととまる)
最初は家具の後ろに引きこもっていましたが
最近は他のネコ達とも遊ぶようになってきて
徐々に我が家になれてきました

控えめに甘えるタイプのコで

我が家のネコ達も
千野音(チャオ)以外はすんなり受け入れました

友人のお母様からはアメショーと言われていました


IMG_0229_20131103020950532.jpg


まんまるお目々に渦巻きのクラッシックタビー
でも音々丸はアメショーではありませんでした(・_・;)


IMG_0171.jpg


「ととまるくん!」


03ハイ


みじかいあんよ


IMG_0182.jpg


音々丸マンチカンです


IMG_0191_20131103020747228.jpg


かわいい~
でも短足(T^T)


ワタシはネコなら基本どんなネコでも好きですし
純血種には純血種の良さがあって
固定された種を否定するつもりなどさらさらありません

でも

さすがに これはどうかな・・・と思います

短い足でよちよち歩く姿は可愛いです
頭でっかちで もうすぐ5ヶ月になりますが
永遠の仔猫という感じもします

でも
可愛いと思う気持ちと一緒に 可愛そうと思ってしまうのです

高いところに上れない
小さな仔ネコ達があっという間に上るキャットタワーにも
上ることはない


ネコ達と運動会をしている最中
みんなが棚の上に乗ったりタワーに上ったりしたら
上を見上げて鳴くだけです

ネコなのに床をよちよちと歩く姿

音々丸はものすごく可愛いです
友人が飼いたかったネコ
友人に意見するつもりもありません
(もうできないし)

音々丸の一生を大事に大事に一緒に歩んでいくつもりです

でもやっぱり 
ネコの足を短くしようとした人の気持ちはわかりません

だってネコとしては不便です


IMG_9438_201311030210045d2.jpg


昔 スコティッシュフォールドは希少で
耳折れのネコはもっと珍しく
そんなネコを外で見ることなどありませんでした

でも今 耳折れの捨てネコや外ネコは結構います
外ネコさんの仔猫が耳折れと言うのも実際に見てきました

昔ならあり得ない光景でした

と言う事はこのまま行けば
いつかマンチカンの外ネコも現れるのでは・・・

足の短いこのコ達が
お外で生きていける確率は非常に少ないと思います

どうか
そんな事が起こることがないように・・・・と心から願います

そして我が家の音々丸も去勢の時期間近ですが
足が短いだけではなく体もかなり小さめなので
どうしようか考え中


IMG_0201.jpg


同じぐらいの月齢の大地と比べるとかなり小さめ


スプレーする前には去勢したいので
早く大きくなって欲しいのですが

この短い足で体重を増やすのはかなり危険
考えながら成長を待っています


普通に歩いているだけでも
音々丸を見ると母が笑います

「走っている見て! 」

「ほらほら短い前足でじゃれてるけど 残念届かないわ!」

母がケラケラと楽しそうなので
母が大好きなワタシはうれしい・・・

でもね ネコとして普通のことをしているだけで
可笑しがられるのって なんかなぁ と心が痛むのです

複雑な飼い主心

そしてついついととには甘くなってしまう(^^ゞ

アメショーとばかり思っていましたが
マンチカンと知っても
お迎えすることを断る気持ちにはなれませんでした

ただ見た瞬間 かわいい<かわいそう と思いました

マンチカンと言う猫種は可愛そうと思います
足を短くしたのは完全に人間のエゴと思います

耳が折れていたり 被毛がカールしていたりは見た目の問題です
それらも人間のエゴで作り出された特徴ですが
(それを作り出す為の遺伝的疾患は別問題として)
彼らが生きていくのに不自由さは感じないと思います
でも 足が短いのはネコとして生きていくのに不便です

だからマンチカンは可愛そうと思うのです

でも音々丸を可愛そうなネコに仕立てるつもりはありません
ととは我が家の宝物です
これだけは断言できます

不自由さを感じないように
これからの生活を考えていってあげたいと思います


IMG_9431.jpg


そんな複雑な飼い主の気持ちとは裏腹に
かわいさ200%の音々丸

これからもどうぞよろしくお願いいたします




ペット(猫) ブログランキングへ


こちらも続けてポチッお願い


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


猫種についてはいろいろな考えがあります
亡くなった友人のことを否定するつもりも
他人に友人のことについて何かいわれたいとも思いません

ということで 本日のコメントはクローズとさせて頂きます
スポンサーサイト