FC2ブログ

みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 フェネック プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年07月

プレーリードッグへの強制給餌

すべての食物を拒否し始めてから10日ほど経ったヨン様

週末は病院に


IMG_9910_201807030048408ec.jpg


途中まで寝ていましたが
覚醒してきてからは撫でられているぐらいでは満足せず
タイクツしてきて出せ!と要求


IMG_9909_20180703004838807.jpg


犬用の布キャリーだったので破壊されないかドキドキ(O_O)


IMG_9908_20180703004840731.jpg


診察結果
心配だった頬の状態はまあ治りつつあり
調べれば腎臓やら心臓やら肝臓やらいろいろと難有りで
検査に引っかかるとは思うけれど

それをしてじゃあいい治療法があるかといえば
年齢を考えるとあまり無理はできないので
検査をすることによって引き起こされる
身体への負担のほうが大きくなる可能性も大

今までの化膿止めの薬に ビタミンと肝臓の薬を追加したもので
また1週間様子見です



ちなみに 強制給餌の内容は
ソフトタイプのラビットフードをふやかして
きなこ ヨーグルト 青汁 その他いろいろ


IMG_9897.jpg


大まかな感じに各味ごとに分けて シリンジに
それを口にぐいっと押し込んで
もぐもぐして飲み込むのを待ちます


IMG_9899_20180703004841d8f.jpg


入れるときは仰向けにして抱き
ヨン様の左前足をワタシの左手でホールドしつつ
前歯の横の隙間からぐいっとシリンジの先をツッコミ
中身をちょどいい量押し出します

本来は顔を下に向けたほうが誤飲を防げますが
一番動かない状態で 自分の手を凶器である前歯から守れるのがこの姿勢

噛まれたら保定し難くなるのでお互いのためにも噛まれるのはご法度

餓死をとるか誤飲をとるかの瀬戸際なので
上向きがどうのとか言ってはいられない(>。、)


もう1週間以上この強制給餌を続けていて
これ以外は水すら自分で飲みません


だからといって生きる気力がないのかといえば
一旦堕ちた体重ももとに戻り
換毛も再スタートし

部屋に出せば少しはウロウロし

呼べば走ってきますので

生きていく気力はあるものと思います


水分量や フードの量なども今のままでいいと
お医者様よりお褒めの言葉も頂いたので
しばらく強制給餌に耐えていってもらおうと思います


でも昨日は
最近しばらく見ていなかった


IMG_9872_2018070300484481f.jpg


ヘソ天!!

(顔は潜っていますが これはいつものことなので気にしない)

これを見ることができたのでホッと一安心しました


強制給餌は悩みます
するべきかしないべきか
続けるべきか否か


今回はまる1日以上経っても強制的に食べさせなければ何もクチにしない状態
(草食の動物はお腹がカラの状態が長くなると胃が動かなくなって
死ぬ場合もあります)

食べさせれば(無理やりであっても)体重の維持が可能な状態だったので
長期の強制給餌を続けています


でも本当は自分で食べてほしい

ヨン様に今一番必要なことはなんだろう
いろいろ模索している毎日です


強制給餌に耐えるヨン様にポチッと応援を!

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村



も一つクリック~




ペット(猫)
ブログランキングへ


スポンサーサイト