みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
BLOGTOP »  » TITLE … ネコ寝たふり

ネコ寝たふり

ネコ寝たふり


羽音(はね)のお気に入りの椅子で
寿々音(すずね)と仲良く寝ていたところ


PB201860.jpg


珍しく来夢音(ラムネ)がやって来る

寒くなってきたのでネコ団子に加わりたいらしいけれど
あいにくキッズチェアなので2匹でギュウギュウ


できれば 羽音と交代してほしい来夢音と
絶対に席を譲りたくない羽音


PB201862.jpg


一瞬ラムを見たあと


PB201878-1.jpg



目を固く閉じる羽音


PB201866.jpg



目を開けるまでじっと睨みつける来夢音



PB201874.jpg


羽音は目を開けると
般若のような顔の来夢音を下から見ることになって・・・

きっとその顔の怖さは尋常ではない・・・のでは(・_・;)

また慌てて目を瞑る


PB201877.jpg




すっごい嫌なオーラが出てる気がする・・・(O_O)


でも 寿々音とまったりくつろいでいる
この空間から出たくない羽音は頑張った


PB201869.jpg


どんなに睨まれても
決して視線を合わせることなく

きっと心臓バクバクしていただろうけど


PB201881.jpg


決してその場から立ち去ることはしなかった

最後はカメラを覗き込んでいたワタシのほうが
辛くなって

「ラムちゃん 他の場所に行きなさい」

と助太刀(^_^;)


ちっ
PB201880.jpg


極悪非道な顔つきで去った来夢音




余談ですが

母と出かけていると
シルバーシートの若者が結構な確率で
母を確認したとたん目を閉じます(ー'`ー;)

母は十字マークの付いたヘルプカードを下げているし
どうみてももうじゅうぶんなおばあちゃんです

なのでワタシはわざと母をシルバーシートの前に立たせ
若者にオラオラどけよっ ってオーラを送るんですけど
これまた結構な確率で
譲ってくれるのは その隣りに座っていたりする
そこそこいい年の方だったりします

ワタシのオーラは変化球かい (;・∀・)

なんかな~って腑に落ちないワタシです




お知らせ


明日は虹色のしっぽお助け通販 販売品発送の日
本日22日までに入金してくださった皆様のお品物を
発送いたします

24日は追加販売が数点

しあわせゆきだるま クリスマスバージョン
ガラスドーム 次回が最後の販売です

今後のガラスドームの販売予定は未定です

他のものを購入してるけど
ガラスドームも検討したいので
発送はちょっとまってほしい! など発送ストップのご連絡は
こちらのブログのコメント欄からお願いします

非公開設定されていますので
お名前を入れていただいても問題ありません


また かわいいにゃんこの木皿は クリスマスセール価格となっております
同梱も可能ですのでこのご機会に是非いかがでしょうか?


PB201854.jpg



発送の日はてんてこ舞い
ポチッと応援してもらえるとフルパワーで頑張ります


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こっちもポチッとにゃ!



ペット(猫)
ブログランキングへ







スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

最近は良識に欠ける人が増えてますね。
自分の都合を優先、と言いますか・・・

はねちゃんの目を瞑る顔、何回も見てしまいます。
猫の世界でも、見ないふりがあるんですね(・.・;)

心中は穏やかじゃない状況と分かっていても、
かわいくて笑ってしまいます(^^


NO TITLE

今日のブログはものすごくためになりました。
多分マメKさんのお家に来るのはあの子かな・・・
なんて思いながら読んでいました。

私も拡散ばかりしている人間です。
拡散して見守っていて決まったらホッとして、自分は良い事をしているつもりになっていました。指1本でできるボランティアのつもりでいました。
実際は保護された可愛い盛りの子猫をもらって育てただけなのに。その団体に恩返しをしているつもりにもなっていました。

私はできないけど誰かこのバトンを受け取って!の気持ちでした。

引き受け手の気持ちなんか考えたことはありませんでした。良かった良かった良い人がいるものだ、世の中捨てたもんじゃないって。

引き取り手のなかなか現れない子って事実として何かしら問題を抱えている子なんですよね。可愛い子猫ならすぐ決まるけれど、そうでないからなかなか手を挙げてくれる人がいない。

最後の最後になって引き受けてくれる人のいる事の有り難さ。
良い人だって葛藤はあるって事。

マメKさんのヒトとしてどうよって声が
いつか自分の心の奥から聞こえてくることはあるのでしょうか。。。

そんな日が来たら自分も人としてステップアップできたんだろうなと思います。

拡散・・・少し考えてしたいと思います。
ただ自分ができない事のバトンを渡すためにだけではなく、何かもう少しできることを考えたいと思います。

気づかせてくれて有難う御座いました。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう