みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
BLOGTOP » 保護ネコ » TITLE … 慣れと寛容の度合いはイコールしない(ご相談へのお答え)

慣れと寛容の度合いはイコールしない(ご相談へのお答え)

*すみません またまた写真は少なく記事は長いです
この年末の忙しいのにそんなの読んでいられないという方
先に こちらをご用意しました

ポチ逃げしてください


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こっちもポチッとにゃ!



ペット(猫)
ブログランキングへ





あ・・・でも下~の方に
久しぶりにフェネックの春音(はると)の写真があるので
キツネが見たい方は下まで読み進めてみてください




コメントでのご相談


ずっと救いの手を待っている気になるネコがいて
飼うことはできないので
その子の預かりボラをしたいけれど

そしてこれを機に預かりボラもしてみたいけれど

マメKさんちのネコのように
うちのネコ達は心が広くないので
他のネコを受け入れられなくて



と言うご相談内容





うちのネコ達はここ数年
飼い主が勝手に新たなるネコを連れ込んでくるので
ある日突然新参者が自分のテリトリーに入り込んでくる

という状況には慣れていると思います


でも決して簡単に それを受け入れていることはありません


「そう そんなに辛くて苦しい思いをしてきたのかにゃ
どうぞどうぞ このお家で心と体を癒やすといいにゃよ」



なんて
うちのネコたちの誰ひとり
いや・・・1匹としてそんな事爪の先ほど思ってはいません


ただでさえ 狭い空間に
絶対にいなくなることのない8匹の猫がひしめき合っているのに

うちのコの事です
あと1匹(幸音助)は母の居住区の1階を占領しています


そこに知らないネコがいきなり入り込んで飼い主のことを占領する
(大概来るのは障害ネコか仔ネコなのでお世話の時間がかかります)


そして美味しいものも自分たちをスルーして新参者ばかり
(状態によってはカリカリが食べられなかったり
薬のたびにちゅ~るをもらったりする)


そして 最悪な事に その存在に慣れた頃
ある日いきなりそいつがいなくなって

飼い主からはなんの相談もなく
次また違うのが来る

この状況は飼いネコの9匹には最低の状況と思います





慣れてはいるけれど 寛容に受け入れているわけでは決してない





ストレスで舐めハゲを作るヤツ(ーー;)

ストレスで血尿をするヤツ(T_T)

うちのコからしたら

飼い主
ヒトとしてどうよと思う前に

飼い主としてどうよと思ってほしい

と思ってるだろうな・・・




ワタシの知っているネコの保護や預かりをしているヒトだけでも
自分のネコがいる人はほぼこの悩みを抱えてます

みんな これが正しいことと思ってやっているわけではない
みんなうちのコ達がかわいそうと心の奥で
そう思いながら

それでも 誰もが見て見ぬふりができなくて
手を差し伸べ 時間とお金を費やして
ヒトがモノのようにいらないと捨てていった命と向き合っています

ご相談者の方も
きっと
自分でネコを拾ってしまったら
そのネコが人の手を必要としているのであったら

うちのコはネコ見知りするし・・・とか
考える前に救いの手を差し伸べてしまうかもしれません

考えているというのは
どうしようと思う余裕があるからと思うのです




健太郎も貫太郎も手がかかるネコです

でも我が家の前で血まみれになって転がっていたわけではありません
PCの画面の向こうにいたネコです

忙しい時期 ワタシは
この2匹をなんとかしてほしいという拡散記事を見ながらも
見て見ぬふりをしてきました

そのまま
その掲載ブログを見ないでなかったことにもできました

だって
健太郎も貫太郎も一応
手をかけてもらって生き延びられている環境だったから
例え
その先がどのようになるかはわからないにしても
今はワタシの目の前で血まみれで転がっているわけではない
誰かが引き取ってくれる可能性も無きにしもあらず
(結局それはまったくなかったのだけど)




でも




可愛いと飼っていたであろうネコを
事故に合うような環境においていたのもヒト

車で轢いたのもヒト

飼っていたであろうネコを探しもしなかったのもヒト

この2匹にとって人ってサイテーの存在だったかもしれない


だけど
放っておけば確実に死ぬであろうネコを
助けてくれたのもヒト

治す努力をしてくれたのもヒト


ヒトとして・・・ね
最低なヒトがおかしてしまったことを
そのヒトに代わってできる限りの事をする


バトンタッチをしてあげたいと思うのは
ワタシの中にあるヒトとして当然の気持ちだったから


ネコ達には悪いけど
お互いに色々譲歩して
一緒にうまくやっていってはくれないでしょうかと
うちのコたちにお願いをして
妥協することを強いています(ーー;)ゴメン ウチノコタチ


全盲のネコに地の底から聞こえるような
恐怖の唸り声を聞かせるやつ

脳障害の後遺症でフラフラ歩くネコを
鬱陶しいとぶっ叩くやつ

心の狭いうちのネコ達(ー'`ー;)

でもネコは
時間がかかっても自分の置かれた環境に
どうにかして自分を合わせてくれます

それができないと思うのは人間が感情論で考えるから
うちのコにそんなことをさせてしまってかわいそうと
ヒトが感情でそう思い込んでいるだけ

だから

いきなり飼い主が断りもなく
何処かから知らないネコを連れてきて
ゆるせん! (`曲´)キ~
っとなったとしても
時間が解決してくれて
受け入れなくても妥協はできる・・・ぐらいまでになってくれる

ことのほうが多いです




と言う事で
結果から言えば気になるネコちゃんの預かりボラをすることについては
きっとなんとかなるとは思います



だって
今こうして預かりをしているワタシも

全くボランティアなんてやるつもりもなかったし
できるとも思ってなかったし

もちろん前もって勉強とかしてなかったし
飼いネコの気持ちなんかこれっぽっちも考えなかったし

考えてからは
いつも連れてきては後悔もしてるし
(多分連れてこなければもっと後悔するんだろうけど)

すべてのかわいそうなネコのために自分の人生をかけるとか
全くそんなこと思っていないし

(ワタシの周りにはそう思って実行してくれているヒトがたくさんいます
すごいなぁと感心するばかりのワタシです)

自分の行動に自信なんかカケラもないし

お財布と相談して
病院で保護猫なので出来る限りのことはするけれど
際限なくお金はかけられません!

とか言っちゃうし

うちのコたちにしょっちゅう謝ってるし
すぐにへこたれるし
周りの人に助けも求めちゃうし

そんないい加減な人間ですけど

それでもなんとかなっているので
きっとやってみたらなんとかなると思います

まぁだめなら 次はやらないという選択肢もあるだろうし(・_・;)




全く説得力のないお返事になってしまいました
ゴメンナサイ



こんなワタシでも 預かりボラはできます



でも
あんまり小難しいご相談には
うまく答える自信がありません(ーー;)


どなたか
良い答えをワタシできます!

という方・・・

ぜひ ワタシに代わってお答えしてあげてください




という訳で今回も長い長い記事になりました


うちのコたちの心の狭さの証明写真


PC182453.jpg


脳発作を起こす貫太郎の写真を撮るワタシを
すごく冷たい目で見るヤツラ
(写真は病院で見せるために撮っています)


そんなやつどうでもいいから 早くカリカリ出して
PC182424.jpg




早く~ もうそろそろ餓死するからね!
PC182423.jpg




早くぅ~
PC182459.jpg




ハル・・・キミにはさっきあげたじゃない




ちっ バレた?
PC182458.jpg



(ー'`ー;)




あ~ ワタシのいい加減な人間性がどんどん露見していきます
それでも
ポチッと してもらえます?


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こっちもポチッとにゃ!



ペット(猫)
ブログランキングへ


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう