FC2ブログ

みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 フェネック プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
BLOGTOP » 保護ネコ » TITLE … ミクロのキセキ (それは奇跡な軌跡)

ミクロのキセキ (それは奇跡な軌跡)

昨年末より 未熟児猫のミクロが体調を崩し
一旦は復活して一安心と思ったものの数日で今度は高熱を出し 
一時は死すら覚悟しました

様子は随時ツイッターの方でお知らせしてきましたが
自分のための備忘録として
いつか本当の家族の方にミクロをお預けする時に
一緒に渡せるように記録として
ブログにも上げたいと思います

写真はツイッターに載せていますので少なめで(^_^;)

ツイッターの見方がわからないとのご意見がありましたが
画面右側 Twitter記事をクリックしてもらえると
見ることができます
そのまま写真も動画も見られるはずです・・・


IMG_6205_201901091941387b2.jpg


IMG_6207_20190109194135d4f.jpg


こんな感じに見られると思います




12月27日


ミクロ絶好調で ホープと玩具の取り合いをしていました


IMG_5552.jpg




ミクロ最初の異変


12月28日 

離れて住む息子が彼女と一緒に帰宅(訪問?)

食卓は我が家にしては珍しく食べ物にあふれて 
いつもなら手がつけられない騒動になるのに
他のネコ達と一緒にベッドで寝てる

おかしい

普段を知らない息子は
「別に歩いてるし元気じゃん!!」
と言うが

普段を見ている夫も母もおかしい・・・と

その日は昼間では普通にガツガツ食べてた
夜は全くカリカリに口をつけず

ただ昼間に他のネコのお皿にも顔突っ込んで
横取りをしていたし
犬のジャーキーもとろいあおいから奪っていっていたので
さほど心配はせず




12月29日 

相変わらず食べない 
水はよく飲むけれど固形物は食べない

昼間に少しだけ子猫用のミルクを飲む

手に乗せると力なくぐったりしたまま


IMG_8867_201901091943263f1.jpg


とにかく寝ている
呼んでも起きない

おやつの袋の音をさせても
匂いを嗅がせても目すら開けずに寝ている

前々から調子が悪くなるときには低気圧のときが多かったので
気圧のせい? 

左右の目の開き方が違う
呼んでも視線が合わない

夜から吐き始め 一晩中寝ては吐き寝ては吐きの繰り返し
明け方吐き気止を飲ませる

吐くか横になっているしかできない




12月30日

吐き気止が効いたのかお昼前にようやくちゅ~るだけ口にする

飲水量が多くなり(もともと多飲気味なのに更に)
飲んでは吐き飲んでは吐き

呼べば視線は合うようになり 座ることができるようになる


IMG_5680.jpg


寝ている時に片目を閉じない
開いている目は瞬膜で覆われている状態




12月31日

吐き気が止まってくる

目の開き方不均等は右だったり左だったり

食欲は戻らず 匂いの強いモノ(ウェットフード)は少しだけ口にする

痩せてきて背骨と胸骨?がとんがってきた


IMG_5682.jpg


夜から全く食べ物を受け付けないので経口給餌

口に入れられたものは時間がかかるけれど飲み込む
スプーン3口ぐらいでもう食べない
(退院サポート)

食べた後吐くので20分かけて食べさせて40分縦抱き抱っこ
2時間寝かせて また食べさせて縦抱き・・・を繰り返す

吐き気に加えて下痢


水は自分でよく飲むけれど飲んで3分以内にマーライオン(TдT)




1月1日


吐き気は薬で抑えられている様子
食欲ゼロ

退院サポートを受け付けなくなったのでカタスパンに切り替え


IMG_5759_20190109194322500.jpg


JINも加える

下痢は茶色から未消化の白色便に

嘔吐は血混ざり


IMG_5681.jpg


体重1,16キープ

むくみ 腹水の感じはなし

夜になって 爪とぎと毛づくろいを3日ぶりにする

目のびっこが減ってくる

熱鍼の獣医師A先生気功を送ってくださる




1月2日

朝起きて焼きカツオを小指分ぐらい食べる
薬を飲まなくても吐かない

その後5時間寝っぱなし

下痢も止まっている(便なし)

退院サポートをシリンジで食べ始める

多飲は相変わらず

夜になって ちゅ~るを食べ始める


IMG_5793.jpg


昨日に引き続き 熱鍼の獣医師A先生気功を送ってくださる




1月3日

食欲戻り 吐き気なし 
久しぶりに肩に乗ってくる

夜中 少し軟便




この時はかなり調子が上向きで 
このまま本調子に戻っていくと思っていましたが
また調子が悪くなっていきます




ミクロ2度目の異変




1月4日

報告も兼ねて東洋医学研究所 永山アニマルクリニックに熱鍼に行くが
自宅から20分 バスに乗る寸前にゆるゆるの軟便
よりによってキャリーより密着したほうが安心するのでは?との判断で
スリングタイプだったので かなり被害増大(TOT)

2019年1回目の通院 運のいい手で行くことに

ミクロは病院で洗わせてもらう

ちなみに前回もまみれて到着して病院で洗わせてもらってる

熱鍼後は体がだるくなるというが
帰宅後は軽く食べてひたすら睡眠


IMG_6105.jpg




1月5日

食欲あまりなし

とにかくひたすら寝てる

吐き気 排泄の異常なし




1月6日


朝8時前にトイレに行っておしっこをして
その後カリカリ10粒ぐらいしか食べずにまた寝始め
15時間ほど寝っぱなし

気圧の問題なら18時過ぎに起こして食べさせてみてという
熱鍼のA先生のアドバイス通りに18時半に上げたら少し食べた

食後またすぐ寝て夜はドライは食べず
ちゅ~るは一口

経口給餌


P1011829.jpg


遅くに帰宅後の夫がミクロの顔つきがおかしいと


IMG_5933_20190109194319909.jpg


そしてその後2時間ほど経った時に呼んでも
頭持ち上げるのがやっとのレベル

吐き気 排泄の異常なし
あんなに飲んでいた水は一切飲まない




1月7日


14時間ぶりのおしっこは黄土色
(これは想定内)
友人が車で病院送迎をしてくれると言うので
毛布に包んで病院に(東洋医学研究所 永山アニマルクリニック )

ワタシも友人も抱っこしたりしていても気が付かなかったのに
A先生 「熱ありますね」って
検温したら40度ぐらいだった

耳や頭 肉球などあまり熱くならないタイプの子らしく
熱があってもわかりにくいかもと説明を受ける

抗生剤を飲ませて補液してもらって帰宅

アドバイスのあった生肉(馬肉)と体温計をAmazonと楽天でポチる
選んでいる余裕なしで 馬肉は依然頼んだことのあるところで
体温計は先生に確認とって(何から何までお世話になりっぱなし)


夜の便は異常なし おしっこも異常なし


IMG_5945_20190109194317a9f.jpg


しばらく寝てから触るとかなり熱い
病院に連れて行ったときよりも確実に熱が上がっていそう


IMG_6037_20190109194130745.jpg


流都瑠がしっかりボディーガードして離れない
どんどん熱くなってくる身体

このまま死んでしまう?? と一瞬そんな考えがよぎるほど

水分は自分では飲まないけれど
水素水シリンジで上げると飲むので多めに飲ませる
トイレはふらつきながらの自力で行ける




1月8日

午前中 K動物病院に
元気はないけど熱は少し下がってた

体重1,165キロ
max 1,2キロだったのでほぼ経口給餌だけでも
あまり減ってなくてホッとする
脱水もなし

この2点は褒められた(^o^)

診察結果
可能性としてFIPも考えられるけれど
そうでない可能性のほうが高い・・・

これは熱鍼のA先生もそう言っている

離乳時200グラムなかったことを考えると
普通じゃなくて当たり前のミクロの体

ステロイドは使いたくないと言ったら
単なる解熱剤を処方してくれた

話しの出た血液検査も体調が悪い今しなくてもいいと言ってもらえた

帰宅後 鮪の刺身(血合いが売っていなかったのでなるべく赤いところ)
あげたらうなりながら完食

その後少し寝て今度は馬刺し完食

この時から自力で食べるように


夜になってまた体がかなり熱くなってきたけど
夜食はみんなと一緒にカリカリを少し食べた

食欲が戻っているので
復活しつつあると信じたい

下痢なし 吐き気なし 食欲あり


 
1月9日 

食欲はかなり戻ってきて食べて寝るの繰り返し
いたずらもないし
肩にも登らないし
うん、このあたりで回復ってことにしてもらえないかな・・・とか思ってしまう

でもきっとまだ不調なんだろうなぁ

戻ればいたずらで どこにでも潜り込み
何でも食べ 食事の時は隣の部屋で悲鳴を上げる
そんなミクロになるんだろうけど

それでもやっぱりもとに戻って欲しい




年末28日から始まったミクロの体調不良ですが
一旦完全回復?と思った2日後からまた不調

1回目と2回目の病状も違っていて
病院でも首を傾げられてばかり

ミクロ4ヶ月ですが体格的には極小を言うほど小さくはないと思います
ただガリガリで背骨も腰骨も骨と皮

食べても食べても身につかない

ミクロが来た翌日から診てくれている熱鍼のA先生

ミクロは全てにおいて普通じゃないといつも言うのですが

じゃあ普通じゃない子を普通に育てるのはどうすれば??
と悩みます


今回年末からずっとA先生には
しつこくLINEでミクロの相談をさせてもらいました

今何をするべきか 病院に連れて行くべきか家で見ていたほうがいいか
先生自身お風邪をひいていたのに申し訳なかったですが
本当に心強かった

先生ありがとうございます


ついで・・・と言ってはなんですが

先日むっくんの尿検査もしてきました

むっくんうちに来た頃 慢性の膀胱炎と言われ
一生抗生剤を飲ませ続けるようになる
抗生剤が切れたらすぐに膀胱炎が再発すると他の病院で言われていたのですが
ずっと抗生剤飲ませたくないんですとA先生に相談

最初の頃は週2回
その後は
間隔をあけても熱鍼に通っていました


IMG_6079_2019010919412997b.jpg


昨日尿検査をしたのですが全く問題ないという結果がでて
療法食の必要もありませんと言われました!!

抗生剤は3ヶ月以上飲ませていません

もう通院もお薬の心配もない!

よかった~ 本当に良かった

ここまで来たら安心して新しいお家探しができます




年明けからずっと気持ちがついていけない日が続いていました
ちょうどPCも壊れて入れ替えもしていたのでブログが滞っていました

年末にお預かりしたノエルくんへの寄付金の集計もできず
(お金関係は一人ではせずに必ず第三者の方にも確認をお願いしています)
色々遅くなっていましたがようやく落ち着いてきたので
するべきことを進めていこうと思います



年末からジェットコースターのように上がったり急速落下したりしていた心
辛かったですが きっとミクロを手放す時に
あんなこともこんな事もあったけど・・・って
笑えるはず!




オマケ


生きているのはこの食欲のおかげ


P1082019-1.jpg

P1082034-1.jpg

P1082078-1.jpg



頑張ってるご褒美にポチポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村



も一つクリック~




ペット(猫)
ブログランキングへ



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

こんばんは。
Twitter でも、拝見させていただいてます。

ミクロちゃん、一日も早い回復祈ります。
また、マメkさんも、少しはお身体休ませて下さいね(^_^;)

NO TITLE

こんばんわ&あけましておめでとうございます。
マメKさんのブログにコメするのはもう何年ぶりかになってしまいますが Twitterではずっと拝見してまして、
年末からのミクロの騒動もとても目を離せられず遠い地からですが私も元気玉を送っておりました。
ミクロも何とかこのまま復活できそうで良かった…お正月でお兄ちゃんも帰省して大忙しの時に本当に大変でしたね。マメKさんの小さな命たちへの大きな愛に頭が下がります。

でも。マジでご自分も健康には気をつけて、過信なされぬように。
私も以前は健康優良おばちゃんだと自負してたのが、無理をしすぎて2016年11月に脳幹出血を起こして死にかけ、4ヶ月入院してました。致死率7割以上、生きてても大抵酷い障害が残って植物人間になると言われる脳幹出血でしたが「意地で(「・ω・)「ガオー」車椅子も杖もつかずにあるけるレベルに復活してます(走ったり自転車に乗るのはまだまだ駄目だけど;)
病院では奇跡のヒトと呼ばれてましたw(フツー死ぬ病気だったからw)

諦めなければ人間死なずに済む ていうか頑張った分だけ復活できるのねと思ったあの頃w

ですが。
マメKさん、ホント無理しすぎないでください。人間、丈夫なようでもストレス過剰・睡眠不足などの無理が続くと40過ぎたら脳卒中系の脳血管事故や心筋梗塞などの心疾患起こしやすくなりますから。マメKさんに何かあったらおうちのペットみんな大変なことになってしまう(´;ω;`)
ミクロもマメKさんあってこそこんなに大きくなれたのだし

ほんとにほんとにお疲れ様です。でも、ほんとにご自分も養生して、体を休めて。
ミクロへの元気玉とヒト用の元気玉、送っときます。
不死身?のネバーギブアップパワーを込めて、みんな元気になりますように!
(☆´ω`)ノ

がんばって!

twitterでもずっと様子を拝見しています。
うちには先天性障害で前足1本欠損で生まれてきた女の子がいます。
背骨も湾曲し、骨の数も1つ足りません。
2歳になった今、とても難しい部位の門脈シャントが明らかになり、手術もして闘病中です。
小さいです。2キロがやっとです。
先生たちに言われます。
「猫にはまれですから ... が通用しない。何があってもおかしくない。普通じゃない。」と。
でも命授かって生まれてきたんです。小さいけど、一生懸命生きてます。
そんな姿がミクロちゃんと重なり、ミクロちゃんの様子から目が離せません。

虹色のお洋服が ぱっつんぱっつん になるぐらい大きく、元気に育って欲しい。
きっとそうなると信じています。ミクロちゃん、大丈夫、大丈夫!

参考になるか、わかりませんが…

はじめまして…。
沈黙の読者をしておりましたが、年末から心配しておりました。
お身体のお加減がお悪いのかと…。
大変な状況が続いてるとは…。

人間なので、全く同じとはいきませんが、参考になることがあるかもしれないので、コメントします。

私には胃腸に慢性の疾患があります。寛解をキープするのが最高の状態です。他にも色々あります。

けど、検査するとなんともないって言われます。体重も、食べても増えなくて、全部、下からお水状態で出て行く生活してたこともあります。変な発熱もしてました。今、漢方の主治医の助けもあって以前よりはるかに良い調子で過ごしてますが、腎陽虚というのを指摘されてます。簡単にいうと虚弱体質です。「めっちゃ食欲」と「食べれない」のも交互に苦しみました。お水をガブ飲み…も、かつての自分を思い出しました。

東洋医学的な目線になりますが、私と同じ腎陽虚や胃腸虚弱だとしたら、A先生の治療と食事療法を続けていただいたら、ジワジワとよくなってくると思います。ハッキリわかる変化としては、多飲がおさまってくると思います。

人間の私の対策なんで、参考にならないかもですが、私は消化吸収が弱いので、普段の食事の他に、栄養補助を少ししてます。あと、薬とかの代謝なども人と違うみたいで効きすぎがあるので、まず、半量から始めます。抗生剤は、極力控えてます。気圧の変化や気温の変化に身体がついてけなくて、最悪、寝返りも、返事も、目蓋をあけることもできかねる体調になるので、頭痛アプリ「ずつーる」で、気圧変動のアラームを頼りにして、あらかじめ水毒対策(気圧で浮腫みが変動しやすいです)します。夏の湿気と暑さは闘いです。

獣医さんが言われるように、普通ではない身体だと思いますが、A先生という良い先生がおられますし、少し時間がかかるかもですが、体質の弱点がプロフィールとして形になってくるほどに、安心して生活をおくれると思います。

私も数年前は、ほとんど寝たきり生活でしたが、今は、ずいぶん良くなりました。
猫と人間では違いもありますが、何かしらのヒントになればと思い、書き込みました。長々と、すみません。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう