みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
BLOGTOP »  » TITLE … 宝物

宝物

ありがとう


無事 旅行から帰りました
旅行に行ったメンバーは 
みんな美音にあったことのある仲間達で

行く前に
「思い出を沢山話して沢山泣きましょう」って言われたけど
「泣かないからっ」の宣言通り
笑顔で過ごした3日間でした

それでも 伊勢神宮で みんなで美音の好きだった焼き芋を食べて
これで完全成仏!! と言い合ったり
心のどこかにずっと美音がいました


IMG_8503_20130324005255.jpg


これからも ずっと心のどこかに居続けるであろう
体が消滅しただけの家族

忘れることは出来ませんが
いつか 声や 仕草や ふわふわの手触りは
霞がかかったように
鮮明には思い出せなくなるんだろうな・・・と思います

時間がたつことで 忘れられるというのは
心が復活するために必要なことです


何はともあれ

辛気臭い旅行にせず 楽しい旅行にしてくれた
同行の3人に感謝です




宝物


はいからちびちびーずもすっかり大きくなって
そろそろ解散の時を迎えようとしています


IMG_2641.jpg


おちび達のことで あらぬ噂が出たりしているようですが
はいからちびちびーず 里親探しも販売もしておりません

生まれる前から行き先も決まっております


IMG_2659.jpg


最近ワタシがよくわからないと思うのが
捨て猫 野良猫などのかわいそうな命と
販売のために生まれてくる 
これまた一部の人に何故かかわいそうな命と呼ばれる
2種類しか最近の世の中にはなくなっている感じがします


かわいそうではない 
望まれた命はないのでしょうか?

心より誕生を望んでいても産ませることは罪なのでしょうか?


はいからちびちびーずが生まれたことで
我が家はどれぐらいの物事が好転したか

1~100まで思いの丈を全て綴ることはしていません
その少ない情報の中で勝手に理解したと思われるねじ曲がった事実


IMG_2650.jpg


でも我が家にとって このコ達は宝物です


IMG_2655.jpg


このコ達はワタシが望んで迎えた命です
寿音はワタシの希望の三毛のお嬢様も産んでくれました

(三毛がいなくても残留するコはいたと思いますが)

望まない命を作り出し 更にそれを自分勝手に
いかなる方法でか とにかく処分することが罪なのであって

望んでいる命を産ませることも罪と言われる世の中になったことは
なんか悲しいと思うのです


我が家で生まれた子も 縁あってお預かりしていたコ達も
大切な宝物でありました

どのコも かわいそうな命なんかではありませんでした


星くん 


IMG_0736.jpg


1月に新しいおうちに行きました

image-1  


image_20130324010601.jpg


写真は2月のもの
1ヶ月でこんなに幸せいっぱいの顔になっていました

新しい名前はトム君

トム君 良かったね


こちらは来夢音の兄弟のアルトくん


アルト


ふわふわの立派なコートが愛情いっぱいに育っている証拠です


真っ白のちのちゃんのBLOGはこちら → ハンナのブログ 


IMG_3342_20130324011142.jpg


月ちゃんこと あいちゃんのブログ  → 晴れがいい 


あい


生まれた時には必要がないとみなされていたかもしれないけれど
どのコもみんな それぞれ宝物になっています


確かに 生まれて愛も知らないうちに
処分される命は必要はないのかもしれない

そう言った命を作り出すことは罪とも思う

でも
生まれてきた以上
必要のない命はないと思う

生まれた全ての動物が幸せになれるそんな風になったらいい
産ませること 産ませないことを
自由に選択できる
いつかそんな風になったらいいのにと痛感します




命日に考えたこと


美音の初七日はレイの命日でした


IMG_1642_20130312013317.jpg


小さな体のレイには 
とても苦しい亡くなり方をさせてしまいました
このことは 今のワタシの心にずんと重くのしかかっており
どう死と向かい合うべきかを再度考えるきっかけとなりました

美音(ミオ)の死は 結果的には
とても飼い主思いの逝き方をしてくれたと思っております

(事細かには書きませんが)

ただ 人間とちがって
動物はテリトリーから出ることを良しとは思いませんので
美音のためを思えば 
家で看取ってあげたかったなと これが心残りです


IMG_5390.jpg


どんなに愛を注いで飼っていても 
最後には 後悔することはあるのです

愛だけでは完全なる飼育は出来ません

ワタシがどんなに息子に愛を注いで養育してきたにもかかわらず
息子がいろいろワタシに文句があったりするのと同じように

愛だけでは補えなかったことについて・・・が
後悔のほとんどを占めています

たぶん 人並みに愛情は注いで一緒に暮らしているとは思いますが
多頭飼いだからこそ それ以上に 
愛だけではすまされない部分が出てきます

ここを 忘れずに 常に考えて いるのが
ワタシの責任なのでは・・・と思います


偉そうなことを書きましたが
それが出来ないので後悔していることばかりなのです・・・

進歩がない飼い主で ごめんっ 
うちのコでいる以上あきらめてって

みんなが元気な時には言えるのですが
最後の最後になってこれを後悔するのです

アホとしか言えませんが 
後悔と反省が出来る動物はどうも人間だけらしいので
人間らしくいきます


本日より しばらくコメント欄を閉じます
別に落ち込んでいるわけではありません (^_^;

悩んでもいません


近々インテリア誌の取材がありまして
日頃 作ることはしても片付けがおろそかになっているワタシ
そりゃもう必死です

コメントを開けないぐらい(^凹^;)
他記事からコメ入れてもらっても反映されませんm(__)m

4月のお茶会のお問い合わせ有り難うございます
なるべく早めに企画します

3月来週もう一度と思っていましたが
そんな訳で 4月に延期とさせて頂きます



思ったより体力がなくなっていました
昨日は旅行の疲れでぐったりでした (^_^;

ポチッと応援 よろしくお願いいたします



にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村



出来ましたらこっちもポチ


ペット(猫) ブログランキングへ



しっぽと暮らす家→ココをクリック




スポンサーサイト