みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
BLOGTOP »  » TITLE … 引退

引退

ご挨拶


IMG_3330.jpg



この度 わたくし リデルは
Y家 女帝としての役を退くこととなりました

この間皆様からの温かいご支援と
ご厚情により
毎日楽しく過ごしえましたことを厚くお礼申し上げます

今後はわたくしにかわり 
寿々音がY家の全てを取り締まって
行く予定となっております

なにぶん若輩猫ですので
至らないことも多々あると思いますが
今後とも変らぬご支援ご交誼を賜りますよう
お願い申し上げます


リデル







15日 午前中リデルがリデルらしく
天高く旅立ちました

酸素ハウスに入れて
いつも通り扉に施錠はせず出られる状態にしていたので
ハウスから出て テーブルまで行き着いて
眠るように亡くなりました

早朝4時の段階で 
リデルを撫でながら
一足先に天国の視察に出ている美音(ミオ)に

「もういいから 早くリデルを迎えに来てね
 そして 美音みたいに なるべく短い時間で連れて行ってね」
 
とお願いしていました

奇しくも 15日は美音の月命日でした
3ヶ月前の15日に旅だった美音

3ヶ月後にお迎えにきてくれました

種類は違っても 親子だった 美音とリデル

リデルにたっぷり愛情をもらって育った美音 
親子の絆は死んでからなお繋がっていたようです



リデルの腫瘍は ボコボコにいびつに膨れあがり
よくぞ破裂しないでいてくれたという状態でした

癌の腫瘍が破裂した人の話をたくさん聞いたり調べたりして
そのニオイは愛する家族同様のペットとはいえ
顔を背けたくなるような悪臭と聞いていました

腫瘍が破裂して縫うこともできず
血まみれでどうしようもできずに
安楽死を選んだ方もいました

そうなった時の為にとある程度の心の準備と
物の準備もしていましたが
リデルの腫瘍は破裂することなく終わりました

3,4日前から舐めることもなくなったので
エリザベスカラーも外して 見ている方も
本猫も楽になっていました

サポーターなども外したことで蒸れなくなり
腫瘍表面のグジュグジュしていた部分もキレイになりました



15日は 天気が悪化して
夕方から豪雨の可能性もあるとのことでしたが

朝から澄み渡る青空で
酸素ハウスを取りに来てくれたスタッフの方も
頼んだ霊園のスタッフも
雨に遭うことなく

どちらもちょうど空いている時間に連絡が取れて
その日のお昼過ぎには全てがすみました


借りていた酸素ハウスの機械はかなり熱を持って
部屋がムンムンと暑くなっていたのですが

それも借りてからしばらくの間雨の日で
気温が少し下がっていたのであまり気になることもなく
機械を返したその日から気温上昇となり
機械があったらどうなっていたかと思うような状況に

また
ワタシ自身は あまりにも苦しみが長引くようでしたら
安楽死もと念頭に置いていましたが
その道を選ぶことによって
多少なりとも 葛藤や 後悔をすることもあったと思います

その選択をさせることなく自分で幕引きをしてくれたリデル

そんな風に 全ての状況に於いて
リデルは誰の手を患わせることもなく
この暑さで魂の抜け殻となった体を痛ませることもなく
まるで起こせば起きるような寝顔のまま
じゃあねって 迎えの車に乗って行き
ただいまって 夕方には戻ってきました



乳癌の手術から2年半
いったん危なくなった12月から考えても半年
リデルはずっとリデルらしく生きて
ワタシに心の準備をする時間を与えてくれました

あっぱれ! なネコでした


本日コメントを閉じさせていただきます

どうか
過去記事などからコメントは入れないでください

ワタシ野生動物のタイプです
傷はじっと静かに隠って自分で治すタイプ

そして
もう自分なりの整理が出来ています

そこにいたわりのコメントが来るのは
すごくうれしい反面辛いのです

今までたくさんの方々の応援を受けたおかげで
きっとリデルは安らかに
そして 急上昇で天国に着いていると思います

なにせ 美音の道案内もあったでしょうから

皆様がリデルを思ってくれる気持ちの分
まだ
思ってくれる人に巡り会えないペットもしくは
安住の地を持てない不安な気持ちの飼い主さんの
支援を続けたいと思います

応援をよろしくお願いいたします


追伸
友人・知人の皆様

リデルにお花はいりません
もう生きているうちにいっぱいすぎる
幸せをもらいました

生きていく命にかけてあげてくださいm(__)m




おまけ


紅音(べにお)
リデルに掛けたタオルにのっかって


IMG_0183.jpg


離れません
「もうさよならしようね」


ネコはネコです
人間のように理解はできないと思うし
哀しみもないと思います


IMG_0181.jpg


でも
ネコなりに 何かを感じてはいるのです


IMG_0197.jpg


預かりっこ達を寄せ付けません


寿々音もずっとそばにいました


IMG_0204_20130616234038.jpg


連れて行かれるまでの手続きの間
ずっと一緒にいました


いつもはおりてこない凛(りん)も


IMG_0210_20130616234059.jpg


千野音(ちゃお)も


IMG_0217.jpg


みんな見送りにきました


バイバイ リデル 
お疲れ様 ありがとう


そして
思わぬ重責にドギマギの寿々音


P1150005.jpg




ペット(猫) ブログランキングへ



出来ましたらこっちもポチ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村






スポンサーサイト