みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
BLOGTOP »  » TITLE … お腹の薬

お腹の薬


三つ葉の下痢ですが

うちで預かってすぐに 6匹揃って
ものすごい下痢をしました

下痢にはいろいろ種類があります

腸内細菌によるもの
(整腸剤が効きやすい)

寄生虫によるもの 
(虫を落とさなければ治らない)

ウイルス性のもの
(抗生剤が効きやすい)

仔猫で下痢をしている場合は
まず 寄生虫を調べます

はっぱちびちびーずの時はコールタール状の便で
コクシジウムかぁあああw(ToT)w
と焦りました

コクシは落としにくく 
床板の目地などに入り込んだまま生き続けるので
感染性も高く 一度飼育場所が汚染されたら
消毒薬などでは駆除できないので
完全になくすのが大変な寄生虫です

これを駆除するのに ワタシは
スチームクリーナーを購入したほどです





話はそれましたが
はっぱちびちびーずは寄生虫はゼロ

次に パルボでは?? との疑いが

結局抗生剤が効いて下痢が止まったので
ウイルス性のものと思われました

ウィルス性の下痢が長引く場合困るのは
ビオフェルミンやディアバスター など 
樂天などでも買えるような
第一選択薬では効果がなく

抗生剤を使い続ける必要があると言う事です

抗生剤のほとんどは使い続けることで耐菌性が生じます
最初は聞いたのに効かなくなってくるというヤツですね

はっぱちびちびーずは クロロマイセチンを投薬
1週間以内に良いうん○をするように

風邪をひいて帰宅後は目の腫れとハナタレが酷かった為 
ビフラマイシンを投薬

しばらくほぼ食欲もなく
下痢もなかったのですが
食欲が落ちた為に嗜好性の高い
とろっとしたものをあげ始めてまた下痢再発

風邪症状が治まっていたので
ビフラマイシンをやめ 整腸剤を投薬するものの
改善が見られないので クロロマイセチンを再度投薬して
下痢が治まりました

クロロマイセチンは
抗生剤がいると思われる初期の症状のほとんどに使える
比較的安全な抗生剤です

もう製造されていないそうですが
うちの獣医さんではまだもらえます

長くなりましたが
悪玉菌うようよのおなかと違って今回は
抗生物質でウイルスを殺さなくてはいけないので
ちょっとやっかいです

そんな訳でどうしても
ゆるくなる原因は少しでも排除するためにも
カリカリを食べて欲しい

おいしいカリカリを混ぜるというご意見がありましたので
それ試してみようと思います

おすすめいただく方が多かったビオフェルミンですが
我が家にも これが常備されています





ビオフェルミンで効かなければディアバスター





錠剤はデリケートな息子が(ーー;)





ビオフェルミンはいくつ食べても大丈夫
と言う話しですが
うちの母がまだうら若き 美?少女だった頃
年の離れた姉の子どもの子守をしていたときに
ビオフェルミンのビンの中身を
ほとんど食べてしまったんだそうです

母は焦り 甥っ子を担いで病院に
そこで ビオフェルミンはいくつ食べても死なないし
明日良いうん○が出てくるだけだ と説明を受けてホッとしたんだとか・・・

息子が飲むようになった時も
子どもは甘いからもっととせがむので
母はいくつ食べても大丈夫だから
と余分にあげていました

でも 大丈夫だって余分にやらなくても良いのよ
高いんだし

と心の中でいつも思ってましたけど( ̄ ^  ̄ )


薬についてはネコも人間も個人差があります
使用に関しては動物病院に相談するなりの方法をとってください

あくまでも三つ葉とうちのコの薬の話でしたm(__)m



追記

三つ葉の引き取り主さんがとった方法
病気になったネコを飼う自信がないから返すと言うことを
ワタシ自身は納得していません

引き渡した瞬間から飼い主はワタシではなくなります

結婚式ではありませんが


その健やかなるときも 病めるときも
喜びのときも 悲しみのときも
富めるときも 貧しいときも これを愛し・・・


飼い主たるものこの精神が必要と思います
飼うと決めたときから責任は生じ そして
どんな時でも飼い主の責任を全うするのは当たり前と思います

戻された三つ葉を引き取ったのは
あまりにも酷い状況だったから

それ以上でもそれ以下でもありませんm(__)m




ポチッと応援もよろしくお願いいたします



ペット(猫) ブログランキングへ


出来ましたらこっちもポチ 週末も頑張ります

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村














スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

健やかなるときも 病めるときも

のくだり、すごく同意納得、
そして、ともて気に入りました☆ホントそうですよね!

逆もしかりなんですよね
私が病んでいたら寄り添ってくれるにゃんずですから☆

NO TITLE

>その健やかなるときも 病めるときも
>喜びのときも 悲しみのときも
>富めるときも 貧しいときも これを愛し・・・

全くその通りですね。

5年くらい前。猫3匹飼っていて、
事情があって手放すか否か判断しなければならない状況に立ったことがあります。 
お腹は痛めてないけれど、自分が産んだ子だとしたらどうするか考えて
手放しませんでした。 新しい命を家族に迎えるとはそういうことだと思います。
1匹は数年前に天国に帰りました。

最近は、人間の命さえ,人間の尊厳さえ、他人に侵略されてしまう時代なので、
悲しいなと思います。

だけど、故意に命を奪うのでない限り、
どちらの考えが正しいとか間違いとか、そういう視点で判断したくないです。
分からない、実感できない、認識が違うだけだと思います。
何事も得手不得手があるように、そのジャンルに対する理解が違うだけだと思います。

価値観を伝える努力は必要だと思いますが、
責め立てても反発感情が生まれるだけではないでしょうか。
私も心に思うことがありますがもう過ぎたことなので、
無事に育ってくれることを願うばかりです。

(うちのコ同腹兄弟2匹も 下痢が2ヶ月以上続いて大きくならず、
生後半年でも500gと600gでした。1匹は今年で16歳の猫爺として現役です。)

三つ葉ちゃん、我儘いわずにがんばって食べてね。
すっちゃん、よろしくね!

みつばちゃん早く良くなるといいですね。


かりかりフードを噛んでたべるのをもし嫌がるようでしたら
フードミル
(煮干しやごまを粉にするタイプ)で細かいパウダー状にして
食いつきのいいちゅーるに
みつばちゃんが喜んで食べてくれるベストな配合でまぜるのはどうでしょうか?

我が家の食欲のない病気の猫も、粉状にしてふりかけのようしたら、
食べてくれるようになりました。

みつばちゃん、
おなかもおしりも痛いよね。
しんどいよね。

早く皆と元気に遊べるように祈ってるからね。




(私の拙い私見ですが)里親さんはその方なりに考え抜いて、まめKさんの所に戻すのが、オチビさんの為だと判断なさったのだと信じたいです。猫歴ウン十年の私も、新しい子が来て少しの間はどうしてもおたおたしてしまいます。例えば、夜中に啼きまくっても、泣き止ます為の対処は1人1人皆違います。沢山の子を見れば経験として「ダメか~。なら次はこうしてみるか…」という選択肢が増えていきますが、悲しいかな、新たな対処を必要としてくれたり、どうにもならなくて、ただ啼き続ける側に居るしかない事だって有ります。新人飼い主さんなら、具合の悪くなった子を前に、病院に掛かり、それでも良くならなければ、どうして良いか解らなくなり、自分より沢山の選択肢(経験)を持っておられるであろうまめKさんの所に戻すのがオチビさんの為だと思われて、考え抜いた結果の行動であったと信じたい…です。ペットと呼ばれる子達は、ぬいぐるみでは無いのです。可愛いだけでは済まない事の方が多いかもしれません。それでも私は我が子(?)達がくれる幸せな一時をご褒美に、ずっと一緒に生きて行きたい。「私の人生、なかなか良いじゃない?」などと思いながら、今日も話しかけるんでしょう。私が拾い助けられる数なんて芥子粒にも満たないですが、自分の器量の中でこれからも猫達と暮らして行くつもりです。なんか…逸れてしまいました。ごめんなさい。オチビさんの回復と幸せを心から祈ります。まめKさん、お疲れ出されませんよう。ご自愛下さいませ。

みつばが、早く元気いっぱいになることを願っております。

大切な命が弱ってしまい、心が苦しくなりました。

でも、こうして回復にむかっていて何よりです。

色々と思うことはありますが、みつばを返してくれて良かったのかもしれません。
そのままでいて、みつばに何かあったら・・・。
そんなことを思うと、胸が苦しくなるからです。

みつばの新たな幸せを心から祈っております。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう