みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
BLOGTOP » ペット支援 » TITLE … 福猫舎に行ってきました 2

福猫舎に行ってきました 2

働くワタシ達


ボランティアに行ったのだから
できる限り精一杯 ジャマにならず! 迷惑をかけず
うまくいけば役に立ちたいと

あくまでも 自分自身に自信がない 謙虚なワタシ達

開梱をしているワタシ達の横で
黙々とキャリーケースやトイレを洗うチョミさん



IMG_9947_201309231950042ea.jpg


IMG_9967_20130923195009e32.jpg


チョミさんお嬢様育ちで
現在もおうちにもしもべがいるということで

ここに来る前にケージを組み立ててもらったら
ケージなんか組み立てたことがない
人生初の組み立て!

ワタシってスゴイ~っと 大喜びしていたほどの
ある意味スゴイ方です

それが

洗い物終えて


IMG_9974.jpg


段ボール崩してと頑張ります

頑張ってるね~と言うワタシの言葉と
それと同じぐらいにワタシかなり頑張ってるわ~
スゴイワタシという
自分自身への賞賛の言葉

見ている犬班Aさんが笑う笑う


IMG_0015_20130923194809233.jpg


大量に届いていたRAINBOW PROJECTから
直接ショップ注文していた爪研ぎタワー

今すぐ使う分を組み立てて欲しいと言われ


IMG_0020_20130923194811f13.jpg


組み立てました

ココで考えたこと
送るのはある意味簡単

自宅でポチッとしてお金払えば
あとは勝手にショップから届きます

でもその後のこと 考えたことありましたか?

ワタシは恥ずかしながら考えませんでした

2人で道路に座り込んで組み立てた数
たったあれだけなのに
麻紐の巻いてあるポールで手が痛くなって

さらに倒れないように結構重い1台1台を
運んで室内に持って入るだけでもそこそこ大変

2人だからそれなりの時間でできたことで
これを1人でしているのだとしたら
この作業にとられる時間はいったいどのぐらい?

この作業のことなんか
ワタシはまったく想像すらしていなかった

こんなに来てこれでしばらくは困ることはない
ってにこやかに喜んでくれる犬班Aさん

組み立てるのなんか気にもしていないって
喜んでくれるAさん

送った後にはこんな作業が待っている

暗くなって外が見えなくなってきたので
明日すべきことを少し頭の中で組み立ててから
室内に入ってネコ達のトイレ掃除

ネコ達と少しでも遊んであげたいチョミさんと
少しでも犬班Aさんの作業を減らしたいワタシで
最終的にはバランスは取れていたかもしれません

ワタシが遊んで~とまとわりつくネコ達を無視して
うん○拾いに没頭し 

いつもテンション高いチョミさんは
いつもの2倍近いテンションでネコ達に翻弄されながら掃除

大まかに3ブースに別れているので
帰るまでの時間を計算しつつ必死のワタシ (^_^;

ネコ達の相手でチョミさんもまた必死


でも 病気と闘うネコさんたちの部屋も

2階の部屋もなんとか見える範囲のトイレは全て掃除して
1日目の作業は終了

これ・・・本当に1人でやってるの?

犬班Aさん そしてまるちゃん 
アナタ達はスーパーウーマンです



投薬とかはワタシ達にはできません
そこで長居してお邪魔にならないよう撤退
今日2回目?の動物病院に行くという
Aさんに送ってもらってホテル近くで下ろしてもらい
ワタシ達は夕食

チェーン店ではなく地元の居酒屋を見つけて入り
今日の自分たちを讃えつつ
(そうしないと明日のパワーがでませんから)
カンパーイ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

チョミさんは持って来ていた
以前ワタシが羊毛フェルトで作った愛猫クリちゃんにそっくりな
小栗(こくり) ゴンの助とビールの写真を撮ったり
テンション高いまま
いざビールを一口飲んだそのあと

手をすべらしてジョッキが倒れました

(;゜〇゜)

ワタシは見た
椅子に置いていた自分の鞄の中に
ビールが滝のように降り注いでいる様を

(;゜◇゜) 

そして知った
人間どうしようもない事が起きてしまったときには
笑うしかないんだって事を

そんな訳で いつも使っている一眼レフ
動画用のコンデジ
アイフォン
財布
時計

もちろん鞄もすべてビールにどっぷり浸かってしまい
翌日朝9時からシェルターでの作業予定が
9時半開店のヨドバシカメラに行ってから・・・
になってしまいました ┓(ー_ー)┏トホホ

続きます


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こちらもポチっっとm(__)m



ペット(猫) ブログランキングへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

わざわざ郡山までご苦労様でした。
ボランティアを行って満足しましたか?
カメラにビールをかけられて相当ご不満のご様子ですね。
もうちょっとましな役に立つ友人はいないのですか?
まるでボランティア珍道中を読んでいるようでした。

物資を大量に送って開梱するのはいいけれど、それを備蓄する
場所はあったのでしょうか?
倉庫業ってご存知ですか?
物をしまっておく倉庫です。
貯蔵するのにもお金がかかるのですよ。
人・物・場所です。
新幹線、ホテル、外食代にいくらかかりましたか?
それで猫の餌をどのくらい買えますか?
物を送って欲しい、クレクレ星人でいい、とおっしゃる前に
お金を集める算段をした方が利口で合理的だと感じます。
それを寄付すれば、郡山の方々は欲しい物を欲しい時に買えます。
無駄のないやり方でスマートです。
今回、送った品物は全部使われるのでしょうか?
あまりに大量でしまい込んで忘れられる物もあるのではないでしょうか?

今回のボランティア旅行は、いかにも主婦の思い付きで
ブログ副題にもあった「働くワタシ達」(すごい)と自己満足の世界にしか思えません。
ボランティアの押し売りにも感じます。
このブログは気に入って読者になっていただけに今回の記事、行為には残念に思います。

えぇぇぇ〜

なんか意外な感想の人がいる…

今回の記事を読んで、金銭や物資の提供は簡単だけど、労力はどうにもならないって言うメッセージがストレートに伝わりました。
その労力をこそ運ぶために、ずいぶん前から準備して来られた。

箱詰めの荷物が届いても開けるだけで大変なのがわかっているから、マメKさんはご自分で梱包してご自分で開封して整頓して、使える状態にして置いてくると言う手段を選んだ。

そうではないのかな。
なかなかできることではないと思います。

ビールがかかっちゃったハプニングも、大事故だったと思います。
その原因も、日中の慣れない力仕事で、手に力が入らなくなっちゃったからではないでしょうか。そこまで書いておられませんでしたけど。
それを「ご不満」って…
なんでそんな感想になるのかわからない。

今回の感想は、明日パソコンからゆっくり書くつもりでしたが、びっくりな方がいらしたので、携帯からお邪魔しました。
マメKさんとチョミさんが意気消沈なさいませんように。

ご意見有り難うございました でも

カンパチ様

わざわざ郡山まで行って満足はできませんでした
動ける時間も短かかったし もっとできる事はなかったか
反省ばかりです

ビールかけられて大喜びの人はいませんよね~
不満というか もうどうして良いのかオテアゲ状態でした

珍道中 素晴らしい(・・||||rパンパンッ
まさにその通りでした

でもその割にはできたことも多かったと思います

倉庫業はありますけど
あぶくま台付近にはないですよねきっと
倉庫はちゃんとしたモノがあって
もともと汚れもなく綺麗な状態で保管されていました

ここのシェルターに関しては送ったモノは全て使ってもらえると思います

新幹線代金も外食費用もそりゃ出かけるのにはかかって当たり前
誰しもただではどこにも行けず何もできません

ワタシに彼女たちに食事をと言って支援金を託した友人は
もちろんフード支援もしてくれています
もう何回も
ずっとずっと2年半ワタシと一緒に活動こそは出来ないモノの
支援だけは定期的にしてくれています

そんな彼女がいつもの支援とそれに追加して
これは二人に絶対においしいモノを食べさせてあげてねって
託してくれたお金です

新幹線やホテルのお金は
姉からワタシが誕生日と言うことでもらったお小遣いですので
ご安心を♪
これについては誰にも迷惑をかけていないです

働くワタシ達はスゴイ ってね
本当にそうなんです
主婦をバカにしてはいけません
アナタがバカにした同行の友人は
2日目はかなりの力を発揮して
ワタシ一人ではできなかった事をすることができました

草むしりなんかなんの役に立つと思うかもしれませんが
草むしりする時間もない人にとっては
玄関前の草むしりは誰かがしてくれた方がいい

雨で濡れて散っている新聞や
ついついちょっと置いてしまったモノなんかも
自分で片づけないで誰かしてくれたり

山に積んだキャリーケースだって
洗ってもらえればその分他の事ができますよね

フードの購入費を人間の食べ物に充てたなら
問題はあるかもしれません(ワタシ自身はないと思うけれど)

でももともと送ってくれた皆様は
フード支援もしてくださっている方が
現地で苦労なされている人達にも何かできればって
下さったモノなのでまったく問題はありませんし
その分フードが減って福猫舎のネコ達が辛い思いすることもありません

それからお金を集める算段はワタシ結構している方ですよ
ヤフオクや 販売品や フリマとか
これぞ主婦の知恵では?

それから ワタシのしているRAINBOW PROJECTは
支援先への現金支援は基本的にしていません

(病院代金 ワクチン代金 手術費用などは除きますが)

いきさつについては 2年半前からの
2つのブログを全部読んでいただければわかります

そんな訳でお金を送って
郡山の人が欲しいときに欲しい物を買える方式は
できません

ですが若干知った仲と言うことで
今何が欲しいか必要なモノを必要なときに必要な数
送れるように手配するべく努力しています

それとあちらは時間も貴重なんです
自分たちで探して購入する手間って
普通に暮らしていたらたいしたことはないけど
そうじゃないときには
アレが欲しい・・あいよって送ってもらった方がうんと楽

こういった細かい時短に協力できるのも
主婦の知恵と自負しております

ボランティアなんて自分自身で少しは頑張った
やったよ自分って
思えなかったら長続きはしません

そして珍道中かもしれませんが
行っただけの収穫も山ほどありました
まだ珍道中記半分で全部載せきれていませんが (^_^;

お疲れさまでした!

初コメントです。
いつも楽しくブログ読ませて頂いてます。

この度は遠方まで、本当にお疲れさまでした。
自分には出来ないことを、実際にやっていて、すごいなと、感心するばかりです。
また、ブログを読んでいると、私も、自分に出来ることを少しだけでもやっていこう、という気になります。
まめkさんのお陰ですね。

ご意見は人それぞれですが、
まるこさん達はとても喜んだはず!!
帰ってからのブログを読んで、喜んでいるのは私だけではないはずです(^^)

あと、荷ほどきや、キャットタワー組み立てなどの大変さは、私もまるで頭になかったです。
お金とや物資と同じ位、人手も足りないんですね。

よし!
私も、(小さな)一歩踏み出そう!

本当にお疲れさまでした!

改めまして、

マメKさま、出張お疲れさまでした!(>_<)

福猫舎さんのブログは、正直たまにしか見ていないのですが(ごめんなさい、つらくて…)、少し様子を知ることができました。

しっぽの方々のニーズはまったくわからない私ですが、ヒトに必要なものは少しは想像つきます。
保存の利く食料や、もしカセットコンロがあるならガスボンベとか、何か支援させて頂く糸口が見えて来たような気がします。

また珍道中(笑)の続きと、よろしければお留守番後のマメK家のしっぽの皆さんの様子をUPして頂ければと思います。
楽しみにしています。

NO TITLE

あはは。

カンパチ様の物事の受け止め方にあまりにも衝撃を受けたので、初カキコ。
マメkさんは福猫舎さんのご希望を伺っていらっしゃいますし、チョミさんとマメkさんとの間には深い信頼関係があるからこその書き方だし、第一あなた様に気にいられようが残念に思われようが痛くも痒くもないことです。カンパチ様はご存知ないかもしれませんが、福猫舎に倉庫のあることやマメkさんがお金を集める算段を散々してきたことはブログの読者なら皆知っています。カンパチ様には満足頂けなかったかもしれませんが、福猫舎さんでは人間も動物も嬉しかったし、助かりました。カンパチ様の心にある何か満たされない物が、物事をこんなふうに受け止めさせるのかもしれませんね。

NO TITLE

for カンパチさん

スマートな支援と、心の通う支援は違うのでは?
お金を贈るだけ、それは合理的かもしれません。
ですが普段どれだけ苦労しているか言わないまるさん犬班Aさんのご苦労を体験し、伝えるのも立派な支援だと思います。
行かなきゃ気付け無い苦労もありましたし、マメKさんとチョミさんが行く事で現地お二人の気持ちがどれだけリフレッシュしたか、その気持も推し量れないのでしょうか?
そして、自分が専業主婦だから分かることですが人が集めて(稼いで)くれたお金ってとっても重たいんですよ。自分が稼いだお金より何十倍も大事です。
だからこそ、1円だって無駄にしたくない。
きっと、まるさん犬班Aさんはどれだけお金があっても「自分の為に使うより、猫のために使おう」と思われるでしょうね。
そういう人たちだから私生活をかなぐり捨ててボランティアができるし、人並み外れた支援活動を続けられるんだと思います。
その彼女たちにちょっとの贅沢を届けることすら批判されるなんて、なんて心が貧しいんでしょうか。
なんだか、こころの通った素敵なブログの後に、悲しい気持ちになりました。

for マメK様

お目汚しの批判文をお許し下さい。失礼しました。

こんにちは

この度一緒にボラに行きました。
私は神戸に住んでいます。
震災に遭い被害も大きい場所に住んでいたので、被災者の気持ちが分かります。
私自身被災しましたから。

なので東日本の震災では遠野にボラに行きました。
行ったのが凄いと言う意味では無くて、行かずにはいられなかったからです。

そして今回は福猫舎さんのシェルターに行こうとマメkさんから言って貰ったので
これは今行く時だと思い参加しました。

私は主婦でも無いし、仕事をしています。
スケジュールも調節して行きました。
もちろんボラに参加するにはお金も必要です。
それは分かった上で参加するのです。

今回の記事は、出来るだけ悲壮感を出さず、誰もがもし現地に行っても
出来る事があるんだって分かって貰おうと思ってのブログ内容だと思います。
もちろん私達は真剣に仕事して来ました。
そこを楽しく書いてくれたのはマメkさんです。
私はお嬢様でも無く、普通に地道に働いて暮らしています。
ただユーモアは必須じゃないですか。

現地では普段一人でモクモクと頑張っている彼女達が、10分でも20分でも
空く時間が出来たらと思いました。

何の考えも無く行動なんてしません。
自分の目で見ないと分からない事は沢山あります。
全てをお金で解決出来無い事も沢山あります。

それは被災した私が一番経験した事ですから。

アクシデントもありましたが、行って良かったと思います。
今後の支援のあり方、相手のニーズに答えた支援がどんな支援なのかを
知ることが出来ました。

2泊3日は短い時間でしたが、貴重な時間でした。

NO TITLE

いつもブログ楽しみにしていて、中々行動に移す事が出来ずにいる者の一人として。
マメkさん、チョミさん、お疲れ様でした。
今回、マメkさんの呼びかけに答えていない自分がもどかしいながら、ブログは毎日欠かさず拝見させて頂いていました。いつか少しでも支援の力になりたいと思いながら。
私にとっては、行動する力こそが、支援の原点!と思っていましたので、カンパチさんのコメントが人の心を傷つけるコメントにしかとれずに、このブログを応援している人たちの多くの人に不快感を与えているコメントだという事を記したいです。(ふざけた事、書き込んでんじゃねえよー!!!)
と思っている今の私の心情です。

このブログとマメkさんの存在が、私の支援の原点です。
ずーっと応援していますので、今のままのマメkさんとチョミさんでいて下さいね。



NO TITLE

まずはマメKさん、お疲れさまでした。福猫舎さんのブログはこちらでご紹介があって以来よく拝見しているので、「これが犬班Aさんとまるこさんなのね」と具体的にイメージが沸きましたwあっ、あと「ふくねこしゃ」さんじゃなかったんだと今回初めて知りました(汗)

そしてカンパチさん・・・善意の表し方、支援の仕方って色々あって、どれが絶対正しいってのはありません。100人いたらもしかしたら100通りの方法があるかもしれません。

迷惑をかけたら身も蓋もないけど、マメKさんの今回の来訪は当然先方とご相談されて合意の上でしょうから、先方には本当に喜んでいただけるものだったはずです。

カンパチさんが、物資より現金の方がいいとお考えならば、それもひとつの支援の仕方としてやって行かれたらいいでしょう。現金も勿論必要でしょうから、そういう形もきっと喜んでいただけるでしょう。

でも善意からくる支援の方法についてなので、自分と違うやり方をしている他の人たちに対して、イヤミや意地悪を言うのは違うんじゃないかな。私としては「他の人たちのやり方も尊重してあげようよ」と申し上げたいです。カンパチさんが何か迷惑かけられてるわけでもないのに、そんなに怒りまくることじゃないんじゃ???

カンパチさん

あなたがコメントしたこと、そっくりそのままご自分でやればいいじゃない。人の活動に文句言う暇もなくなりますよきっと。

マメKさんに関係ないコメントですみません。いつも応援しています!と言いたい所ですが、逆にいつも私の励みになっています。

ほんとに

・・なんか、イライラしてる人がいますね~。私生活で嫌なことでもあったんですか?。
ここでぶつけなくってもいいでしょう?(苦笑)
  自分で良かれとおもうことがあるなら、各自でしましょう?・・黙って行なえばさらに美しいです。

私は今回、人間様用物資も(ご迷惑かなと思いつつ)送らせていただきました。品物が多かった時に御迷惑にならないよう、賞味期限を確認し、でもやはり安いに越したことないし(たくさん買える!)でも、味気なさすぎるのもさみしいし、かさばり過ぎも置く場所に困るだろうし・・・、と知恵をしぼりました。そんな方が多かったろうなと思いますよ。
想像力があればあたりまえです。

ふさわしくないものを届けちゃったとしても、きっと、マメKさんがチエックしてくれる、と信じてました。賞味期限を確認しない主婦は少ないはず!・・主婦をなめちゃいかんです。
そして送る側としたら、マメKさんが使ってくれたって嬉しいんですから。

大変なものもたくさん見るでしょうに、実際御自分の目でみて力をつくせる人に敬意を表します。
 その中で笑いあえるってすごいことです。
本当にお疲れ様でした!。


 

NO TITLE

まめKさん、ちょみさん、本当に本当にご苦労様でした。

お二人の「珍道中」が画像付きでアップされるのを
心から楽しみに待っていました。

私はまだほとんど支援らしいこともできていない立場ですが
今回の画像で、心のこもったお腹だけでなくニャン&福猫舎ニンゲンさんの
心まで温まる沢山の支援品を拝見できて
焦るな自分・・・自分にできることを探し続けよう・・・
そう思うことができました。

被災地の動物ボランティアも
ウン千万円の現金が集まったところが分裂したり
資金支援も集めていたところが、なしくづし的に消滅したりと色々な話を耳にします。
私は、まめKさんが、ひと手間もふた手間もご自身が手間をかけることで
現金を振り込むだけの形ではない支援方法で
支援なさるみなさんの善意を真っすぐに届ける方法を選択なさっているのだと思っています。

支援する立場として、善意の寄付を呼び掛けをまとめる道を選んだ立場として
現地に赴き、しっかりと状況を把握したいと仰っていらっしゃいました。
その深い想いや行動力は、決してお金では買えないし、金銭に換算できるものではないです。

だからこそ、まめKさん経由の後方支援に、心が動く。
是非、みなさんとご一緒できたら・・・と心が動く。

カンパチさん。
福猫舎さんに、たんまりと現金支援なさってはいかがでしょうか。
もう、たんまりなさっていらっしゃったら・・・失礼しました。

NO TITLE

マメKさん、お手伝いお疲れ様でした!

このブログの読者の皆さんは、マメKさんの活動や福猫写さんの実情を把握されて支援なさっている方が多数だと思うんです。

でも、読者登録してまで…って方なら知っていて当然な内容(と今回思った方が多いはず)で『ええっ!何を今更~!?』みたいな意見を残されたのがショックなんですよね。(失礼ながら私は今回のコメントには悪意を感じてしまいました)

私は、100人いれば100通りの考え方があってもいいと思います。
でも自分と考え方が合わないなら、今回ようなコメントは直接マメKさんへ
送れば良いだけで、この場で晒すべきではないのでしょうか?
そのコメントに対して、ブログで問題提起する云々はマメKさんが判断なさる
はずですし、もともと、ブログの閲覧は自由なので合わないと感じたら、私なら黙って去りますけどね…。

ちなみに福猫舎さんは、Amazonメインで物資や金券の援助を申し込めますが、このAmazonが曲者と感じました。
支援品を申し込んで、一括配送を希望しても、配送スピードを重視している為、在庫があるものからどんどん分割配送しちゃうんです。
(私の支援品は5分割でした…汗)これでは、受取側は大変だな~と思いましたね。
よって、全国から届く支援品の片づけって、結構なウエイトを占めていると想像できます。(実際、開梱や段ボールの後片付けも苦労なさっている事が書かれています)

メインの猫さん達のお世話や給餌・捕獲活動も身体が健康でなくては出来ません。

これらを考慮すると、これからも活動を継続するためには、物資や現金はもちろんですが、本当に必要なのはマンパワーなのだろうと感じました。
今回の訪問により、それが確認された訳で…マメKさん達の成果は大きかったと思います。

このブログがきっかけで、被災地の動物たちの実情を知って、各自が自分にもできることを見つけることが出来て…小さな力がまとまれば、ひとつの大きな力になるんだな…と思いました。
今回の経験を生かしつつ、また100通りのアドバイス(笑)もいいとこ取りしながら、より良い支援ができるようになれば嬉しいですよね。

私も、自分ができることを継続してやっていこう!と思っています。
これからも応援していますので、健康に留意なさって活動してください!

泥臭いマンパワーも大切

お帰りなさいませ、お疲れ様でした。
そして「珍道中ブログ」まってました!
状況は深刻でも、どこかに希望や楽しさがなければやって行けない。
読みながら、う〜んなるほど、わはは・・・など、いろんな意味で面白く読みました。

被災地支援というとお金はもちろんですが、場合によってはマンパワーが重要ですよね。
先日の台風被災地では、泥かき、汚れ物を洗ってくれるボランティアが重宝されていました。
物資だけでなくマメKさん達が直に行った事で、精神的にも肉体的にもホッとできる、また、普段気になっているけど後回しになっている事が解決するなど、あちらのお二方も喜び倍増だったことでしょう。まるこさんの小躍りする写真でよくわかります。
なかなか好転しない状況と取り残され感の深まる被災地。直接人間が足を運んで来てくれる事がどれだけ心強いかと思います。
これからも頑張って下さい、体に気をつけて。(私はエールを送る程度で申し訳ない)

人間のための物資やマンパワーは集まりやすいでしょうが、動物のためというと変人扱いなのが日本の現状なんだなぁ。
アメリカでハリケーンの災害があった時、人間の避難所(フットボールスタジアム等)の隣にペットのシェルターがすぐに作られるシステムがすんばらしいと思いました。
一介の主婦が何年も泥臭いボランティアをしなくてすむよう、先進国のような「スマ〜ト」なシステムを、冒頭のコメントの方に是非作っていただきたいです。

NO TITLE

マメK様、チョミ様、福猫舎様
こんにちわ。
実際にこうして開封作業などを見せていただけると
(お送りしたものが現地に着いて、一般住宅を使ったシェルタに暮らす猫ちゃんが
うちの商品を使ってくれてるんだなー)って嬉しく安心します。
先だって寄付にあたり弊社が色んなお願いをした記事がありましたが
これは以前寄付したそれなりに名のある保護会さんが、あんまりな対応だったからです。
寄付したもの(物品でもお金でも)の行く末が知りたいって自然なことですよね。
明るい態度で皆さんがそれぞれできることをなさっていて
その雰囲気って猫や犬に伝わると思うので、すごく大切だと思います。

NO TITLE

まめKさん チョミさん
自分達の生活もありながら 慌ただしいスケジュール お疲れ様でした。
まめKさん 疲れを癒す間もなく 様子を知りたい私達のために こうして
ブログを書いてくれて 本当にお疲れ様です。

福猫舎さんの活動 とても偽善ではできないものだと思います。
数匹の動物の世話でさえ パーフェクトにこなすのは大変です。
まさしくスーパーウーマンのような 日常。
今日は疲れたからいいや・・・と後回しにもできない日常。
来る日も来る日も繰り返される日常です。
そんな日常に 助っ人が来てくれる。
それがどれだけ新鮮で 嬉しいことか・・・
何をするにもお金は必要です。
しかし お金で買えない物・・・ 人の心。
人と会い話を聞いてもらうだけでパワーにもなります。
大笑いすることで 明日も頑張ろうって思えます。
前の記事でもお分かりのように あんなに喜んでくれる。
難しいことを考えず それだけでいいんじゃないかな?

大量にある箱の開封作業や 何個ものタワーの組み立ては
大変ですよね。
まめKさんやチョミさんが筋肉痛になりませんように♪

NO TITLE

お疲れさまでした。そして現地の様子を知らせて下さりありがとうございます。
そうですね、普段の買い物でも、買って来たものを整理するのに結構時間がかかりますよね。
各地からの支援物資を開けるだけでも一苦労。それを分けて整理して・・・と思うと物資を送るのも解り易くないといけませんよね。
マメKさんが毎回ちゃんと振り分けて送ってくださるのでとてもありがたく思っています。
私も送る際には箱ははずしたほうがいいかしら、でも賞味期限や説明が書いてある時は、と一応考えながらやっているつもりですが。
今後もお手数おかけすると思いますが、まマメKさん経由でお願いいたします。
そして、犬班Aさんもまるこさんも久しぶりの温かい食事を座って食べられて、おしゃべりも楽しめてリフレッシュできたようでなによりです。
作業するのも、他の人と声掛け合いながらやると気合が入りますよね。
お二人の訪問で心身共にパワーアップしたのではないでしょうか。
続きのレポも楽しみにしております。
ささやかな応援しかできませんが、これからも見守っていきます。


ありがとうございました。

まめKさん、チョミさんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
カンパチさんは、福島に被災地に行かれたことはありますか?福島以外でも何かのボランティアに参加されたことは?
確かにお金は必要です。というか無ければ何も出来ません。でも、人手も同じくらい
必要です。私事ですが、被災動物に給餌して回るにも、その都度猫缶や犬缶を開けて、空き缶を洗って潰してゴミ1つ落とさずに回るんです。でも、それでは限られた時間の中で何件も回れなくなってしまう。だから、福島に向かう前に缶詰を有る程度開けて持っていくことにしました。これがなかなか労力がいります。ダンボールを潰すのも数が多ければ大仕事です。私は実際にやってみてそれを痛感いたしました。人手は必要ですよ。主婦の思いつきでも、なんでも。まめKさんがそうだとは思いませんけど、2年半も続けられてるのですから。福猫舎さんも喜んで助かったと思いますよ。
みんながそれぞれ出来ることをやる。お金で支援をしてくれる方、現地に行って活動する方、現物を支援してくれる方、それぞれが集まって、動物達が救われています。
どんな形であれ、あの子達を助けようとしてくれている人達がいる。あの子達はその人達を今日も待っています。ボランティアに行って満足することなどありません。また、
置いて行かなくてはいけないのですから。次に行ったときに会えるかどうかわからないのですから。無力感だらけです。それでも、続けるのは動物達がまだ、たくさん残っているからです。共感してくれなくても結構です。意見もあるでしょう。でも、他人に意見するときには、もう少しその人の立場になって、コメントして頂けたら、と思います。
よろしくお願いします。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう