みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
BLOGTOP » 里親募集 » TITLE … 神楽

神楽

神楽(かぐら)


神様があなたのこの先の道を少しでも

楽にそして楽しくしてくれますように





お茶会終了後 寛ぐネコ達


18じー


IMG_9951_20140118233634692.jpg


18ちがう


IMG_9955_20140118233636d4f.jpg


紅音(べにお)が


IMG_9973_exposure.jpg


年をとったらこんな感じになるのかな


IMG_9940_20140118234119e50.jpg


15才のネコ

飼い主さんの親族によって 
仲間と一緒に保健所に置き去りにされました

いままでありがとうでも ご苦労様でもなく
物のように 棄てられました


IMG_9932.jpg


おとなしい三毛ちゃん


キャリーで消えそうなほど小さな声で
単調に同じペースで鳴き続けていました

イヌを見ても怒りもせず


IMG_9939_20140118233628a67.jpg


キャリーから出しても
敷いたペットシーツから動こうとしません


IMG_9970_201401182344026ed.jpg


飼い主さんが消えた理由はなんだったのか
病気? 施設? 死去?

親族が手放した理由はなんだったのか
かかわった人間にも憶測でしかわかりません

当のネコは まったく訳もわからずに
飼い主さんが消え
いつものおうちにいることが出来なくなって
戸惑っています


IMG_9978_20140118233724457.jpg


ふわふわのベッド用意したけど ペットシーツの上からまったく動かず
ベッドにのせたらしばらくそこにいたけれど
音々丸(ととまる)が来たら


IMG_9960_20140118234615c80.jpg


そっと元のシーツに戻っていってしまいました


IMG_9961_201401182346187c3.jpg


ここは自分の家ではない
このベッドも自分のではない

そうわかっているようでした

このコと一緒に棄てられた仲間達を見た時に 
そして年齢を知った時に
もうせつなくてせつなくて 胸が張り裂けそうでした


我が家はシェルターではありません

隔離部屋もありません
もしかしたらシェルターの方が暖かいかもしれないぐらいに寒いし
沢山の訳わからずのねこ達と暮らして行かなくてはなりません

年寄りネコを引き受けるのに最適な環境とは言えません

逆にうちのネコ達もルーがいなくなってからようやく落ちついてきて
預かりネコがいないというのはこんなに落ちついた生活だったんだ
そう思える期間が少しありましたので

我が家に連れてくることはどうなんだろうかと思う反面
居てもたってもいられない自分がいました


たまたまこのコをセンターから引き出してくれたシェルターに
たまたまRAINBOW PROJECT手伝いにもよく来てくれる方が
お手伝いに行っていました

もうこれは何かの縁なんだろうなと
覚悟を決めて今日お茶会の前にシェルターに出向きました

気になるコは3匹


IMG_9812_201401182334482af.jpg


一番若い8才の三毛ちゃん


IMG_9864_201401182335023b6.jpg


15才の三毛ちゃん


IMG_9839_20140118233459f36.jpg


17才の三毛ちゃん


最高齢の三毛ちゃんをと思っていたのですが
点滴が必要なほどに弱っていて
移動することでストレスがかかり
これ以上状態が悪くなることも考えられたので
シェルターの代表と相談の上
15才の子を連れて来ることにしました

8才の三毛ちゃんも後ろ髪引かれたのですが
他にも
ブリーダー崩壊で引き取ってきたスコティッシュなどもいて
とにかくシェルターはいっぱい状態

年齢のいっているコは長い目で
里親探しをするようになるかもしれないと考えて
あと1匹はすぐ里親さんを探せるような若いにゃんこで
避妊去勢を待って移動することにしました

8才の子も何とかしてあげたかった


IMG_9833_20140118233456eac.jpg


8才は年寄りなんかではありません
寿々音も今年8才です

あと15年は頑張るように言い聞かせています
猫生の半分も生きていません
何とかしてあげたいけどどうもしてあげられず

時間もあって本当に後ろ髪を引かれてシェルターをあとにしました

夕方我が家に連れてきてくれた15才の三毛ちゃん

その前に行ってくれた病院で
耳が酷い外耳炎で酷く生んでいて
痛みもかなりのことだっただろうと診断されました

その他は特に異常はないようです

我慢強い 良い子です


IMG_9965_exposure.jpg


キャリーから出てきたところをじっくり見たら
しっぽがワタシの大好きなぶっちぎれしっぽでした

かわいい~(*`▽´*)

15才とのことですがリデルがその年齢だった頃に比べて
もっと動きが緩慢です

移動したばかりだからでしょうか
食欲があまりありません


IMG_9941.jpg


温めた高栄養フードをようやく食べてくれました

名前は


神楽(かぐら)
神様がこの先の道を少しでも

楽にそして楽しくしてくれますように



との願いで名前をつけました

でもなんで神楽って自分のことを呼ぶのかわからないって
いぶかしげな顔しています

お年寄りこそペットと住める環境が必要と先日ブログに書きました
今もそう思います

でもこういった遺されたペット達が保健所に持ち込まれるのが
あまりにも多すぎるのも事実です

ワタシに出来るのは
偶然にも見つけることができ
そして引き取ることができた神楽が
幸せな道をもう少しの間歩めるように手助けすることと

母と一緒に暮らすコ達が遺されることになってしまったら
その一生を間違えなく引き受ける事ぐらいです

神楽 まずはおいしいモノをしっかり食べて
そのガリガリの体をまあるくしよう
そして 今度は短くなっていても
しっかりと赤い糸を離さないでくれる人を探そう


IMG_9976_20140118233721194.jpg


神楽 毛繕いをしていたら


IMG_9979_20140118233728cc1.jpg



そのままの姿勢で寝てしまいました

かわいい♪


シェルターの様子は次回に



神楽を幸せに 祈りを込めて 一緒にポチッと



ペット(猫) ブログランキングへ


こちらも続けてポチッお願い


にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

切ないですね…
神楽さんの残りの猫生が少しでも健やかに幸せであるよう祈ります。
祈る事しかできなくて、ごめんなさい。

NO TITLE

神楽ちゃん、とってもいい子ですねー。

街で高齢者がワンコと散歩している方を見かけると、
微笑ましく思う反面、非常に複雑な感情を抱いてしまいます。

私は独身アラフィフなので、子猫を飼うのは諦めて、
次は年寄り猫を引き取って生活するのも良いのかなぁと考えていたところでした。

うちに三重病いの老猫がいなかったら、すぐにでも受け入れてあげたいのですが。
どうか、太くて強くて赤い糸がつながりますように。。。

神楽ちゃん
きれいな三毛さんですね

色んな事情があるとは思いますが、ここに来られたのも縁ですよね

毛繕いの姿勢がかわいい♪

早くマメkさんのお宅の三毛チームと仲良くくつろげますように

きれいな神楽ちゃん

まずはゆっくりしてね

マメkさん
お疲れ様です

NO TITLE

他人事とは思えません。
もし自分に何かあった時はと考えると
何があるかわかりませんものね。
今いる子がちゃんと幸せに猫生送れるように
考えないといけませんね。

マメKさん、神楽ちゃんよろしくお願いします。

初コメです。
神楽ちゃん まずはいっぱい食べて
少しずつ、リラックスして行こうね(*^^*)
毛繕いで そのまま寝んね♪
かわゆいねぇ(^з^)-☆

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう