みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 鳥 プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … いつか役立つ!? とりもちの取り方

いつか役立つ!? とりもちの取り方

とりもちにまみれて保護された仔ネコ
骨折の疑い有りで病院に

検査のため若干の毛刈りをしたけれど
骨折も他にも怪我したような場所もなかったために
とりあえず・・・・斬新なスタイルで我が家に来ました

しかし ベタベタは取り切れていなくて
抱くのもままならない

洗おうと思ったのですが 怯えきっているおちびは
暴れはしないけれど目の前に手が出てくると噛みついてきます

押さえて コームを使って
ベタベタを取るのは至難の業と思っていたところ

何回か我が家に来てくれている
トリマーのタマゴのAちゃんがタイミング良く家に来てくれて
とりもちとりに初挑戦してくれました


用意するのは小麦粉
食用オイル
コーム
それから野次ネコ (ーー;)


IMG_2440_20140301212252e39.jpg


まずは危険防止のためのツメ切り


IMG_2441_20140301211526700.jpg


噛まれないように 暴れないように
顔はシーツでくるんでいます


IMG_2444.jpg


その後 ベタベタのところに小麦粉を適量まぶしていきます


IMG_2445.jpg


毛の奥に入り込んだベタベタにもしっかりなじませていきます


IMG_2448_20140301211531d0e.jpg


この時コームはまだ奥まで入らず 
ベタベタもまったく取れるような気がしません

ここでオリーブオイルの登場です


01サイテー


粉をまぶした体全体がしっぽりとするようによくよくなじませます


01忘れない


ものすごくガン飛ばしています
でも
唸ったりはしません

恨みがましい顔で 押さえてくれているSさんを睨んでいます


IMG_2453_2014030121195877d.jpg


目の細かいのみとりくしや細かいところは指で 
ドロドロになったとりもち汚れを取り除いていきます

コームが体全体に入るぐらいまでに
絡まっていたとりもちが取れてきたら


IMG_2455_201403012120000f7.jpg


タオルで ベタベタの部分を取り外しながら拭いていきます

ある程度落ちたら
バスルームに移動


IMG_2458_2014030121200185e.jpg


ぬるま湯につけて まずは 食器用洗剤で下洗い
食器用洗剤は結構薄めて使っています


01ムカツク


この後 気を許して顔の前に手を出した
アシスタント役Sさん

ガブリと噛まれました

やったか~ (ーー;)

この瞬間名前がつきました

モチコ・ガブリンスキー

保護主さんがかわいい名前を考えてくれたのですが
その名前になることなく一瞬にしてガブリンスキーです

モチコは 病院でモチコと言われていました
もちろんとりもちのもち

でもこの1回でとりあえず噛みつくことはなく

その後 クレンジングシャンプーで2度洗い





クレンジングシャンプーはスタッドテールなどの時に使うと
すっきりと落ちるモノなので

小麦粉と混ぜたオリーブオイルを落とすために使いました

その後2人がかりでドライヤー
乾いたらほぼ落ちてべたつきもありませんでした

\(⌒▽⌒)/ バンザイ 終了

と言いたかったのですが
先日の病院での斬新スタイルのままでしたので
結局バリカンでマルガリータ


IMG_2468.jpg


かなり怒っておりますが
とりあえず唸ってはいません

終わった後はフリースにくるんでおきました


IMG_2473.jpg


寿音(ことね)が踏んづけています


IMG_2476.jpg


え・・・と
こっちゃん 恨まれていそうだよ


IMG_2477_20140301212051ae5.jpg


モチコ・ガブリンスキー


IMG_2481_20140301212052b53.jpg


やや慣れのら子
でもすぐナレナレになりそう


IMG_2482.jpg


明るいキジトラにパッチが入っているので
派手な感じになると思います

今時のしっかり自立した女子のように
目力のあるお嬢様です


IMG_2483.jpg


斬新なスタイルのお嬢様
ご自分でならしてベタ慣れにしたい方募集します

きっと甘えっ子になると思います



 緊急 アドバイスを!!



飼い主さんと死に別れ 
行き場がなく我が家で保護していた長毛姉妹猫

本日新しいおうちに行きましたが
新しいおうちで不安で鳴いてばかりいるそうです

我が家に来た時も 鳴いていたし
更に ずっと唸ってもいました

唸らなくなったのは1週間過ぎてから
10日すぎたら 顔を見て甘え鳴きをするようになりました


里親さんは不安でいっぱい
ネコちゃんがどうしてほしいのか
自分たちがどうすればいいのかわからないことばかり


でも今日移動したばかりのネコちゃんたちなので
新しいおうちになれなくてもしょうがない

しょうがないけれど少しでも新飼い主さんが安心できればと思います


鳴くコは鳴くんです 最近では
我が家ではこの2匹の他にしろみちゃん

仙台から来たしろみちゃん
鳴き続けて 声は枯れ ケージを囓り続けて
鼻の上にはカサブタが出来ました

今ではすっかり新しいおうちでお嬢様になっていますが (^_^;


なにか新飼い主さんのためにアドバイスなどがあれば
是非 お聞かせ頂けませんでしょうか?

成猫の場合 すぐになんでもうまくいく方が珍しいです

時間が解決する事がほとんどですが
その前に少しでも気持ちが楽になるような
先輩飼い主さん達のアドバイスをお待ちしております






いつかは役に立つとりもちの取り方 
小麦粉をまんべんなく振りかけ揉み込む

食用油をその小麦粉にたっぷりかけ更に揉み込む

コームで ベタベタを取り
乾いたタオルで汚れを取り除く

ぬるま湯で洗い流し
食器洗い用洗剤を薄めて全身の汚れを落とす

クレンジングシャンプーで 2度洗い


役になってもたたなくても とりあえず
知識としてわかったよっと 確認ポチ






にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村


こちらも続けてもう一押し



ペット(猫) ブログランキングへ



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

泣く子はいねがー作戦!!

泣く子には
「泣く子はいねがー!?」作戦です!!
飼い主さんは、なまはげになったつもりで、鬼のようにひたすら、ひたすら玩具で気を引いて遊び倒します!!玩具ありますか!?
うちで不動の人気を誇っているのは、相変わらず「カシャカシャびゅんびゅん」(^-^;
ペットボトルのフタや、紐状のものを束ねたモノ(ハタキも有効だと思います)、アルミホイルを丸めたボール、スーパーボール。
2匹一緒なら、気を引くモノさえあれば2匹で遊んでくれますよ!きっと(^-^)v
ちなみに、うちの子たちは縦揺れより横揺れするモノに張り切ります。
これは不安分離気味の犬のお留守番にイイと言われているのですが、小さな音でラジオ等を着けておくと(人の話し声や音が聞こえていると)気持ちが落ち着くらしいです。
お役にたつことが、何か一つでもあるといいのですが、、、


時間をかけてあげてください

大人の半慣れの猫を家に入れた者です。最初は右往左往して鳴きわめき触ればシャアシャアとつばを飛ばして怒る。ごはんは食べない。
一晩中わめきっぱなし。
何度あきらめて元の場所に戻していこうかと思ったことか。
でもやっぱり時間が解決してくれました。

鳴くのは不安だったり怖かったりしているからで落ちついて静かにかくれる場所が出来たら鳴かなくなってきます。飢え死にするまで食べないコはほとんどいないと言われましたしうちの猫はひとけがなくなるとコソコソ出てきて食べていました。

今日新しいおうちに行ったばっかりでどうしたらいいのかわからないんですよね。鳴くのは少し大目に見てあげて落ちつくまで放置してあげるのも手だと思いますよ。安心して隠れる場所があったらいいと思います。
ようやく慣れてきたマメKさんのおうちから移動してショックでいっぱいだと思います。でも どうか頑張ってください。
元に戻してまた新しいおうちを探して移動したら更に更にショックなことが続くことになります。猫ちゃんのためにもどうかふんばってください。

お願いします。
心から応援しています。

時間が必要

マメKさん宅でも慣れるまで一週間かかったのこと・・・やはり、時間が必要だと思います。
仔猫でも大人の猫でも環境の変化はとても大変な事、やさしく声をかけて安心・安全な事を感じさせてあげて下さい。それには数日かかると思いますが永遠ではないですよ。

一日一日は長く感じても長いニャン生の中の一瞬、10日後には可愛いゴロスリちゃん達になっているかも!?    

NO TITLE

とにかく、猫ちゃんに隠れ場所を与えて落ち着かせてあげることだと思います。
ケージ全体、あるいはケージの中に段ボールの箱など入れて、人の視線から遮断してあげて、ごはんなども、そっと近くに出し入れするだけにして、でもやさしく話しかけることは忘れないでください。いつも平常心で落ち着いた声を心がけて。
家の猫は、2か月かかりました。
自分から、ケージから出てくるのを、部屋の外からそっと見守っていました。
猫ちゃんが納得するまで、こちらは普通にして待ってあげれば、必ず落ち着いてくれると思います。
里親さんと猫ちゃんのお幸せを心から願っています。

モチコちゃん♡とりもちが落ち着いて良かったですね♡(*´ㅈ`*)♡
大変だったと思いますが マメKさん&お友達のトリマーさん♡いっぱいの愛情で 早く元気になって欲しい!って思いがブログを拝見させて頂いて伝って来ましたよ〜!
キレイに可愛いくして下さって きっと嬉しいですね〜♡
(*人(エ)<)感謝(>(エ)人*)感謝

姉妹ニャンさんの里親さん♡
猫さん達ステキな里親さんに巡り会えて良かった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
優しくて☆ステキな 里親さんの愛情でいっぱいの幸せを2ニャンで味わって下さいね〜♡
(*人(エ)<)感謝(>(エ)人*)感謝

ウチも 鳴いて同じでしたよo(^▽^)o
猫さん達 嬉しいけど ドキドキなのですね(≧∇≦)
やっぱり1週間は…でした(^_^;)
ウチの場合は ゲージの中に 隠れられるような 鎌倉形の猫ベッドを用意して隠れられるようにしてました!
無い場合な とりあえずダンボール箱で即席で作って上下、左右が見えない様に 入り口を1つ穴を開けたりしてましたよo(^▽^)o
そしたら、みんなが寝静まった夜中にヒソヒソと ご飯を食べてましたよ〜(^-^)
あとは 皆さんと同じに 猫ジャラシ作戦で 棒付きの猫ジャラシでチョイチョイと遊んでましたo(^▽^)o
他はペットショップなどで売っている「減塩 かつお節」猫用ですが コレは結構 興味を持ってくれて大成功!でしたよo(^▽^)o
ウチは5匹猫ですが、長い子は2週間位ですが 短い子は3日〜1週間で慣れてくれましたよ(^_^)v

里親さん☆私も同じでしたので 不安や心配がいっぱいだと思いますが 頑張りましょうね(^-^)
きっと スリスリ〜ゴロゴロ〜になってくれます!o(^▽^)o



静かに見守ってあげるのが一番です。

いつもマメKさん、そしてみっくす★ジュースやRAINBOW PROJECTをご覧頂いている皆さまに応援頂いている福猫舎の犬班A。と申します。

保護活動をしている者として、何かアドバイスを…とご連絡を頂いたので、コメントさせて頂きます。

他の方もおっしゃっていますが、まずは里親さんがしっかりと構えた上で、時間をかけて見守ってあげるのが一番です。

猫は「鳴く」か「気配を消す」こと位しか自己主張が出来ません。
他には「攻撃する」という子もいますが、この子たちには当てはまらなさそうなので。

飼い主と死別し、自分たちがどうして住んでいた場所から移動しなければならないか分からず、預かられたマメKさん宅でようやく落ち着いてきたところでのお引越しですので、勿論不安しか無い状態だと思います。

解決するのは、時間だけです。

だからと言って、放置するとかいうことでは無く、鳴いている姿を見てもご自身がうろたえず、優しく声をかけてあげることは大切だと思います。

ご飯も食べないと聞いていますが、当初不安の中にいる子たちは、人間の気配が無くなれば食べてくれる子が多いです。

里親さんが不安になって、うろたえたりすることはむしろ逆効果なので、決めた名前を呼んであげて、ゆっくり時間をかけて関係を作っていくことを目指して頂けたら…と思います。

マメKさん宅でも甘えてくれるようになっていたとのことですから、恐らく人のことは好きな子たちだと思います。

鳴くのを見ているのは不安かもしれませんが、もっと不安なのは猫たちなのですから、優しく名前を呼んであげて、なるべく手を出さず、狼狽した声を出さず。

ご自身がいつも過ごされているような、ゆったりとした感じで過ごされる中で、距離が縮まるのを待ち、落ち着くのを待つ。

そうしてあげてくださったら嬉しいです。


保護活動をしていて、保護当初ケージに入ってもらうのは、一番に落ち着いてもらうための時間を短縮するためだったりします。

ケージで飼うのは可哀想という方もいますが、知らない場所に来ていきなり寛げる猫の方が少ないですので、お世話をするニンゲンに慣れるまで(馴染むまで)をケージで管理し、その後行動範囲を広げていく…というのがセオリーになっています。

既にフリーにされているのであれば、姉妹猫さんということですので、一緒に潜り込めるような少し大きめの段ボールや猫ベッドなどを用意し、猫たちが隠れる場所を作ってあげて、自分から出てくるのを待ってあげることはとても大切なことです。

どうか焦らずに、一緒に過ごされることを切に願います。

こんにちは。

みんなが言うようにやっぱり時間だね。
時が解決するよ。
出来るだけひっそりといれる場所を作ってあげて後は待つのみ。

焦るとその思いが伝わるからね。
大丈夫、絶対に大丈夫だから。

僕ん家のシャーシャーのフルネームは「シャーシャー・ユキ・ガブリエル」
もちろんかぶりかぶりと噛みついたから。
でも今では全くやらないよ。

NO TITLE

犬班Aさんのおっしゃる通りだと思います。
里親さんが不安でいると、その不安が彼女達にうつります。
「私はあなた達のお母さんだよ!」と、堂々と構えてはいかがでしょう。
ウチのも最初はお客さん扱いしてしまって、お互い遠慮がちでしたが、時々軽口を言ったりして家族感覚が出て来てからは、雰囲気が変わりました。
「ごはんだよ〜」「おやつだよ〜」「おしっこでた?今日はうんちした?」「なにして遊ぶ?」「へへーバカだな〜」「お留守番隊長任命!」「ただいま〜」などなど、常に話しかけています。
時間はかかりますが、こちら側が普通に生活するところを見せることで、徐々に理解して慣れてくれるのではないでしょうか。
焦りは禁物、頑張って下さい。

以前、半成猫の迷いネコを保護しました。

環境に馴れてくれるのに、一週間~二週間ほどかかったと思います。
馴れるまでは、人の目に触れない・触られない場所で、ジッと身を縮こませていました。
ゴハンもあまり食べてくれず、度々遠吠え?と思うような大きな声で鳴いたり…。

そんなネコの姿に、ネコを飼ったことがなかった当時の私は、とても不安で、たまらない気持ちでした。

相談したネコ飼いの友人に言われたのは、「馴れるまで、ただ待つ」事。

隠れ場所を用意
構いすぎない
優しく声かけ(鳴いたらを返事する)

ネコを驚かせないように、大きな音(声)をさせない、急に動かない、なども気をつけてね、と言われました。

早く慣れて欲しくて、大丈夫だよーと伝えたくて、焦ってたかも、と反省。
自分が知らない場所に行って、知らない人に急に優しくされても、いきなり信頼出来ない(むしろ怪しむ)ように、ネコだって同じだよなーと思いました。

それからは、見たい・触りたいをグッと我満、ネコが隠れ家から出てきても気づかないフリ、鳴いたら相づちのような返事をして...とにかく、ネコの好きにさせてました。

しばらくしたら、食欲が出てきて、私の見える場所でも留まるようになり、遠吠えもなくなりました。

少しでも触ろうとすると、身体を強張らせていた彼女。
あれから5年、今では四六時中私の膝の上で「もっと撫でて」と、姫っぷりを発揮してます。

気持ちは、よくも悪くも伝わると思います。不安も気持ちも、愛情も。
ただ「飼う」のではなく「一緒に暮らす」のだからこそ、双方認めあうために、時間も距離も必要だな、といまだに感じます。

焦らず、ゆっくり家族になって下さいです(^ー^)

NO TITLE

はじめまして。いつも拝読させて頂いております。

私も昨年の秋に外ネコさん3匹兄妹で保護し連れ帰りました。
ネコちゃんとの初の生活がスタートした時であります。

鳴くだろうな。と思ってましたが鳴きましたー!
夜も鳴き続け、声が枯れてしまうんではないかと心配するほどでした。
当然食事も摂ってくれませんでした。

でも「いつかは慣れる」を信じて待ちました。
1週間掛からなかったと思います。
今ではよく食べ、よく遊ぶ家猫になりました。

当時、特別何かをした訳でもなくひたすら普通に生活して必要以上に
構わず我慢したのみです!

あまり役にたちませんが、里親様が少しでも安心してくださったら。
そして猫さんとの楽しい生活が始まりますよう祈っております。

役に立たないかもしれませんが・・・

取り急ぎだし、役に立たないかもしれません。
でも、一応・・・
私がのらちゃんを保護して慣れるまで・・・
ケージに厚手の毛布を2枚かけてまっくらにしました。
これでうなったり鳴いたりするのはかなり治まりました。
部屋も一番静かな部屋にしていました。
そして、朝・夕方のごはんのたびに飼い主(私)の顔をしっかり見せて話しかけました。
2週間ほどでかなり慣れました。

簡単ですみません。いちおう、私の体験談でした。

NO TITLE

モチコ・ガブリンスキー
小さなロシア女子の誕生ですね!
ぱっちりした目力と、数日とりもちと格闘し、みごと脱出
そのあと自力でマメKさんのもとにたどりついた強い運のモチコちゃん。
きっと幸せになります。よかったね。
春で換毛期だしバリカンちょうどよかったかも(笑)
お姉さま方、ご指導どうぞよろしくお願いします。

とりもちの取り方

初コメです。
いつも豆Kさんちのにゃんこたちに癒されています。

とりもちのモチコちゃんきれいになって本当によかったですね^^

私も数年前に、全身にトリモチがベッタリ状態でゴミ捨て場に捨てられていた小さな小さな子猫を見つけました。
生ごみがくっつきまくって目も開かず、恐怖でシャーシャーと鳴き誰も近づけませんでした。
ゴミ捨て場のネットに首や細い腕を引っ掛けていてとても危険な状態だったのです。
下手に近づくと、余計にネットに絡まり上手に触れられない状態でした。

犬猫のボランティアをしている友人に即連絡した所、ゴム手袋とバスタオルを持って現れふわっと抱き上げてタオルに包み、あっという間に病院に連れて行ってくれました。
周りで見ていた人たちは、何もできず朝から半日以上見ていただけだったらしいので、彼女のあまりの手際に感動。

保護猫や犬に手厚い病院に連れて行ってくれ、トリモチを取る手伝いをしたのですが、そこの病院ではピーナッツバターを使っていました。
オイル成分がいいのかもしれませんね。

たっぷり体に塗って、なじませてから ぬるま湯で洗う事を繰り返しました。
全部は取りきれなかったのですが、診察できる程度にはきれいになりました。
とってもいい香りの子猫と化していましたよ。

そのあとは、保護してくれた友人が家族に迎えてくれ、体力を見ながらシャンプーを繰り返し、ベッタリとりもちで毛並みもわからなかった子が、美人で毛並みもふわふわになり、優しい性格で先住さんとも仲良くにゃん生を送っています。

トリモチ子ちゃんに出会うまで、自分がこんな経験をすると思っていなかったので、子猫や成猫を保護する時がまた訪れたら、彼女や病院がしていた事を覚えておこうと心に決めていました。

ここで色々教えてくださること、とてもためになります。
今は猫が飼えないマンション住まいなのですが、いずれ猫と暮らせる家になったらここで学んだ事を実践できるようにしたいです(*^_^*)

きっと大丈夫です!

私も昨年の7月に多頭崩壊の2歳半♂のネコをボラさんから譲り受けました。
うちには2匹の先住がおり、まずはそっちとの相性がどうなることかと心配でしたが、
そんなことより、うちに来た日より半ストされ、餌も食べないのに、うんちは下痢ぴー
夜中になったら、玄関でこの世のものとは思えない声で鳴かれ、
そんな日々が1週間つづき先住はストレスからか、ストルバイトを発症し
泣きそうな日々でしたが・・・
今現在・・まるで昔からいっしょにいたように、当たり前な平穏な日々です。

その苦労(過ぎてしまえば、苦労なんてこれっぽっちも思ってないののが不思議ですが)
なんてなかったように癒されるほうが多い日々です。

2匹一度に引き受けられた里親様なので、その愛情は必ず伝わると思います。
近い将来、こんなデレデレになりましたーなんて報告お待ちしています♪

ふわっふわの毛布!

フリースの毛足の長いのとか、やわらかいバスタオルで、
お母さんのお腹にいる気分を、また再現してあげる
ぐらいしか思い浮かびません。。。

無知で申し訳ありません。
「とりもち」って、何ですか?

NO TITLE

「あたらしいご家族とあたらしい門出!!」っていうのは、ネコちゃんにはすぐには分からないかもですよね。我が家のお嬢様も外で保護されてうちに来た当初、5歳くらいでしたが箱に入ってひたすらうずくまっておりました。夜こっそりごはん食べてましたょ。いつも人のいる部屋のすみに隠れられる箱を置いて、彼女のペースで慣れてもらいました。1ケ月くらいで同じ部屋にいるのがふつうになって、リラックスするようになりました。次の段階のナデナデしたり抱っこしたり、というのには1-2年かかりましたが(笑)
せっかくのご縁ですので、不安なネコちゃんが慣れて心開いてくれるようになる過程もお楽しみになられたらイイですね♪♪

長毛姉妹の里親です。

マメkさんから、こちらのブログを是非見てくださいと教わり皆さんのアドバイス読ませて頂きました。沢山のコメントを読んでいるうちに気持ちが楽になりました。今回2匹の姉妹を迎え入れるにあたり、2匹で姉妹なら寂しい事もなく、馴れるまで2匹で隠れて出てこない程度の予想でいた私は、予想外の大きな声で不安そうに夜中も朝も鳴きっぱなしでいる様子にこちらも不安になってしまいました。
亡くなられた飼い主さんはケージで飼っていなかった事をきき、私もケージにあえて入れずに部屋に迎え入れました。最初、ソファの裏の狭い所に2匹で逃げ込み、時折鳴いてましたが、特に鳴きっぱなしでもなく、朝カリカリのお皿を見てみるとすっかり空になっていて、お水のお皿も一滴も残ってないほど飲み干してました。2日目の夜になると2匹ともソファの裏に隠れず出てきてくれ、一匹は隣にゴロンと寝てお腹も見せてくれる位に甘えてました。2匹ともスリスリしてくれるまでになっているのですが、一匹はずっと部屋中ウロウロして壁やキッチンの隅に行き、上を向いてとても不安そうにずっと鳴くようになりました。それが夜中も続いて朝もその調子です。昼間は留守にしてしまうため、スキンシップが取れませんが、皆さんのアドバイス通り、もうしばらく温かく見守って様子を見てみます。また相談するかも知れませんが、よろしくお願いします。
ありがとうございました。

しろみちゃん♪

しろみちゃん、そんな時もあったなぁ。
と懐かしく思いだしました(^^)

今ではすっかりお膝にゃんこですね。

あ、先日、避妊手術で病院にお泊まりしたしろみちゃん。大騒ぎでした(^-^ゞ
迎えに行ったら声が枯れていて、先生が「しろみちゃん、沢山文句言ってましたよ~」と笑っていました!

毛長さん早く仲良しになれるといいですね♪
気負いせず、いつも通りにしていれば良いと思います。
動物は人を見るから、なにも言わなくても分かってくれます。

NO TITLE

はじめまして♪

保護猫さんのアニマルコミュニケーションをボランティアでしています。
猫さんと直接お話しさせていただきます。

猫さんが今置かれている状況を直接お伝えする。
猫さんが今抱えている想いを聞かせてもらう。

そういったやりとりをし、
☆ それだけでも、自分の想いを伝えられたことで安心したり
☆ 自分の立場や状況を理解できて安心できたり

といった心理的な変化で、ちょっとした変化が出たりした経験があります。

もし必要と思ってくださるようでしたら私のブログから連絡くださいね。
保護猫扱いでお話しさせていただきます。

猫さんと飼い主さんが、幸せな日々を送れますように。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう