FC2ブログ

みっくす★ジュース おかわり!

犬 猫 フェネック プレーリードッグ 多種多頭飼いだけどみんな仲良しです。   東日本大震災で立ち上げたRAINBOW PROJECTの事やたまに保護猫のことも。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

待っててくれた

イッテキマスの朝は
眼力もあってとうもろこし齧ってた



IMG_0964_20180817022410cd0.jpg




だから きっと大丈夫と思って家をあけることができた

留守を預かってくれる人に
万が一があってもそれはもう寿命だから・・・とお願いして
覚悟を決めて出かけた昨日


でも タダイマって帰った時 ヨン様はきちんと迎えてくれた

飼い主孝行の鏡のようなコだ




きっと出かけている時に亡くなったら
ワタシは自分を責めただろう

こんな時に日程を組むなんてと
夫のことも責めただろう

夫は理不尽なワタシに腹を立てつつも
きっとこの日に重なってしまったことで心を痛めただろう

留守を見ていてくれた友人も亡骸を見てショックを受けただろうし

母はこの暑さで魂の抜けた身体が痛むのではないかと
心配してくれただろう


ヨン様は その全ての心配事が起きないように
ちゃんと出迎えてくれた




IMG_0979_20180817022412e7f.jpg



頭を持ち上げるのもやっとやっとで
何も食べることはなくても

ちゃんと出迎えてくれた




それなのに ワタシはもう君を撫でることしかできない

そして 2日間の徹夜と翌晩の2時間半睡眠と
結構ハードスケジュールだった旅行のせいで
もうワタシはヘロヘロでまぶたを開けているのがやっとだ

撫でている手がすぐにとまってしまう

夜が明けたら 何か食べて
そしてどうか死なないでと願う気持ちと
夜が明ける前に 強靭な心臓よ
もう止まっておくれと願う気持ち




飼い主孝行なキミに 情けないほど何もできないワタシ




一生懸命迫りくる死と戦ってくれていたキミに
もういいよって 情けない飼い主のワタシはいう




ごめんね ごめん
キミの生き様はかっこよすぎて
ワタシのセリフはサイテーすぎる





にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村








ペット(猫)
ブログランキングへ













真夏ちびちびーず

真夏ちびちびーず(リアルな写真あり)


拾った日の夜 少しずつ補液をしながら
食欲はあるのにうまく食べられないコ達に
とろとろフードを食べさせることから練習


翌日には病院に行ったけど
まだ仮名をつけていなかった


頭が働かず
モノを考えるのが難しかった(^_^;)


3日目になって
いつ死んでしまうのだろうかと心配していた小さなコも
生きる意志を感じられるぐらいになってきたので

ようやく名前を考える


昨日の記事で天音の写真を使った
同じように両目が萎縮してしまった天音




15amane.jpg




全くそんな悲劇を感じさせることなく卒業していって
幸せいっぱいの顔を見せてくれる天音




14amane1.jpg




そんな天音によく似た柄の大きなコ(と言っても600g)
天音と同じ全盲になるであろう運命のコ


P8146192.jpg

P8146189.jpg

P8146194.jpg




天音の強さと
天音の明るさと
天音が掴んだ幸せを

このコにもあげたくて


天音の天の字をもらって

天夏~てんか




クリームのコは

夏鈴~かりん


P8146200.jpg

P8146199.jpg




オチビサンは

夏葉~なつは


P8146197.jpg

P8146195.jpg




真夏の暑さを生き延びた命達

家を空けなくてはいけないワタシのSOSを
天ちゃん母さんが快く受けてくれて
3匹を連れ帰ってくれた



大丈夫
天ちゃんを幸せにしてくれた母さんだもん

みんなのことも守ってくれる


老犬介護もして 他のネコ達も居て
感染の危険性だってゼロじゃないコ達なのに

何も言わずに引き受けてくれた
本当にありがたい


心優しき下請け預かりさんのもとから
数日後に戻ってくる時には
骨と皮ではなくなっていることを祈ってる


大丈夫 天ちゃんもふっくらまん丸になってたからね


しっかり食べてよく休んで
天夏はちょっと遊んでもらってね(今日から遊びだしてる)


さて この記事は予約投稿にして
家の片付けして 保護ネコのケアして トイレ掃除して(犬と猫の)
床の拭き掃除してむっくん明日からホテルなのでシャンプーして
あれしてこれして 朝になったらホテルに預けて
睡眠不足でのお出かけをしなくては(^_^;)



2回の徹夜は 頭に悪い(ーー;)

いろいろなことを考えられません

いろいろご連絡を頂いているのですが
ご連絡17日まで保留にしてください




帰ったら また預かりおばちゃんはがんばります

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村



念の為 もうひとおしを(^_^;)




ペット(猫)
ブログランキングへ











東京駅での涙の別れ

東京駅での涙の別れ (リアルな写真あり)


詳しくは書いていなかったのですが
巨匠ちびちびーず ピカソ

亡くなる日
頭を大きく後ろにそらし
特徴のある発作を繰り返していて

最期の時も発作の後 息を引き取った


特徴のある発作
動画を数人の獣医師に見せたけど
みんながみんな
脳の障害から来るような発作との意見だった

ワタシ自身も
脳障害で愛犬(ユッケ)を亡くしていて
あの時の強烈な動きが忘れられず

まるでその動きを再現しているような
ピカソの発作を見て脳からくる発作ではないかと思っていた

7月の末にピカソを亡くして
その後半月ぐらい

残った4匹はお腹のらせん菌も退治できて
歯もしっかり生えてきて
ミルクも毎日腹パンパンってほどに飲んで
どんどん成長していたんだけど

なんかちょっと違和感があるコ達だった


足やお腹の毛がいつまでもしっかり生え揃わなかったり(未熟児に多い)


P7205347_20180814230445a4f.jpg


P7265515_201808142331426e8.jpg


体型も胴が短く太く頭と足と不釣り合いだったり


P7205335_201808142304443a5.jpg


P7205344_20180814230728857.jpg


P7265516_20180814233140308.jpg


それでも体重はちゃんと増加していたし
ピカソのことを頭の片隅から追いやって
残りのコはちゃんと育つと思い込もうとしていた

ところが
ここ数日でミケランジェロ モネが立て続けに

ピカソと同じような発作を起こして
そして
ピカソと同じように出血の跡を残してあっという間に
亡くなってしまった


ミケは前日まで元気にミルク飲んでいて
その日の朝の飲みが悪いけどやっぱり元気で
次にミルクをあげようとのぞくと少しぐったりしていて
やっぱりミルクは飲まなくて


IMG_0833_20180814225600d25.jpg


そんな状態を犬班Aさんに連絡している本当に短い時間で
静かにあっという間に気が付かないうちに
もう動かなくなっていた


みとったモネちゃんは少しの痙攣と
少しの吐血があったけど
具合が悪いとわかってから数時間の死だった


出かける予定だったのでその前に病院に行ってから
出かけるのをやめにするかどうするかなんて
母と話しているうちにもう息をしなくなった


モネちゃんが亡くなってしばらくして
小さな箱に身体を移した時
身体の下敷きになって見えない所に
真っ赤な大量な血のシミがあった
下血? 血尿?


誰かが亡くなるたびに残ったコを連れて病院に行くも
特に悪いところは見つからない
パルボの検査も陰性だった


病院までの移動中ペットシーツにしたおしっこは
特に問題もなくて


獣医師も頭をかしげるばかり


問題と言えば検便でコクシが見つかったことぐらい


犬班Aさんに戻していいからと言われていたけれど
お盆の混雑もあるし
残っているコはよく飲み兄弟でコロコロとよく遊んでいて
問題なく見えるし

現にその日の昼に病院に行った時には問題はなかったし

ワタシも体調の悪い拾いっ仔たちのことがあって
すぐには動けないので とにかくお盆過ぎたら
藍とナイトの搬送も延期していたので
その時にどうするか考えようとそんな事を考えながらの
やり取りをしていた矢先

いきなり 一番大きなサイズで
一番元気で 一番良くミルクを飲んでいたゴッホのシーツが
まっかっかに染まってた


IMG_0940_20180814225556bbe.jpg


吐血?下血?血尿?


131021.jpg


仔ネコのサイズからはありえないぐらいの鮮血

口には血がついていない(亡くなったコ達は吐血があった)
一緒に出ていたうん○はきれいで正常なものだった

考えられるのは血尿か?

陰部を刺激したら
先に大量な血がシーツに吸い込まれているにもかかわらず
水鉄砲のごとく真っ赤な血が
押さえようと思うティッシュを飛び越して
部屋をスプラッタにした


亡くなった子達のシーツについていた血の原因がわかった

真っ赤な血尿だ!


この夜の翌々日にはワタシは泊まりで出かける予定で
(だからこそ その日に病院に診察に行っていた)
元気だったら母に託していけるけど


母に預けられる状態の出血ではない


それから生き残っているコは2匹
今までのコは体調悪化から一瞬にして亡くなってしまって
原因を探るすべがなかったけれど
ゴッホの体格の良さを考えたら
もしかしたらもう少し長く生きながらえるかもしれない

その病状を見ることで
残るレオにいかせることがあるのではないだろうかと
そう思って犬班Aさんに託すことに


昨晩 どうせ体調の悪い子も居て寝られないので
ゴッホにちょっとずつ ちょっとずつ
リンゲル液を補液してみる


真っ赤な血尿をしながらも
ミルクくれ~と
まるで身体に問題なんか起きていない元気の仔ネコのように
無邪気に来るゴッホに

他のコは血尿をした後すぐに逝ってしまったけど
ゴッホは一番身体も大きくて
ミルクも沢山飲めるし 補液だって嫌がらずにさせてくれたから

きっと助かる

絶対助かるって言い聞かせて

夜が明けるのを待った


ゴッホは真夜中いっときミルクを拒否したけれど
朝になったらカタスパン入りのミルクをグビグビ飲み干して
そして
普通の色のおしっこをした



????????



そして このお盆の時期の混み混みの新幹線で
わざわざ東京駅まで来てくれた犬班Aさんに引き渡し


IMG_0953_20180814225552172.jpg


ところで ワタシは保護ネコを里子に出して泣いたのは1回きり
小さくて育たないかもと覚悟しながら育てた ななとなつだけ

保護ネコを移動で他所に引き渡すときも泣くことはなかった

寂しいなとは思うけれど
預かりの我が家にいるより幸せを掴むことは目に見えているから


でも
今日だけは泣けた


14tokyo.jpg


いい年したおばさんが
キャリーカートの横に座り込んで
ケースの中の小さな仔ネコを
横に開いた穴から指を突っ込んで撫でながら


IMG_0954.jpg


流石にオイオイは泣かなかったけどシクシク泣いた


IMG_0956_20180814225559ee9.jpg


ゴッホ 血尿なんかに負けるな
レオ そのまま何事もなく大きく育て


一腹のコが次々に亡くなるのは先天的な問題があることが多い
でもそんな遺伝子の脅威に負けないで欲しい


そう思って おばちゃんは東京駅で泣いたのでした


ココからは犬班Aさんにバトンタッチ
遠くから見守ることしかできないけど
それでもずっと想ってる


到着後


IMG_0957_201808142259084a9.jpg


2匹ともしっかりミルクを飲んでくれてる


IMG_0958.jpg


仔ネコを育てるのはとても楽しい
でも
仔ネコを育てるのは神経も時間もお金も使う
だけど
仔ネコが大きくなってこの家を卒業した時に
そのすべてが報われると思う




ゴッホやレオにもいつかキミ達を思って東京駅で泣いたけど
今日は幸せを掴んだ喜びで泣くよと言いたいと思います




ガンバレガンバレガンバレクリックを!



ペット(猫)
ブログランキングへ





本日こちらもまだのようでしたらぜひポチッと

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村